フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


「大脱走」

a0037338_1650951.jpg

「荒野の七人」から三年、スティーブ・マックィーンが再びジョン・スタージェス監督とコンビを組んだ傑作アクション戦争映画が1963年公開の「大脱走」でございます。ある意味私の中ではベスト1かもしれませんねー。原作は大戦中にドイツ軍の捕虜となり、実際に歴史的な脱走計画に参加した元イギリス軍パイロットのポール・ブリックヒルのベストセラー小説です。
この映画のマックィーンの格好良さは衝撃的でした。独房王ヒルツを演じ、脱走しては独房に入りキヤッチボールを繰り返すお馴染みの名場面から、ラストのスイス国境での伝説のオートパイアクションまで見所満載で、惚れ惚れいたしました。 
a0037338_16503233.jpg

出演陣が豪華で魅力的でした。トンネル王ダニーにチャールズ・ブロンソン、製造係セジウィックにジェームズ・コバーン、偽造係コリンにドナルド・プレゼンス、調達屋ヘンドリーにジェームズ・ガーナー、その他にもデビット・マッカラム、リチャード・アッテンボロー、ジェームズ・ドナルドなどなど、驚愕の布陣でございます。この映画の大きな魅力のひとつに、緻密な脱走作戦計画とこれらの面々のチームプレーがあります。
特に私のお気に入りは、調達屋ヘンドリーとお人好しの独軍監視兵ヴェナーのやりとりですね。ヴェナーはヘンドリーに身分証明所をすられたり、カメラをまきあげられたりと散々な目に遭います。彼の口癖は「そんな事が上にばれたら東部戦線行きになっちまう」です。ヘンドリーは脱走時には細かい偽造作業がたたって盲目になってしまったコリンを周囲の反対を押し切って連れ出すなど、なかなか儲け役でした。ヘンドリー役のジェームズ・ガーナーさんは、最近でも「君に読む物語」で健在振りを示しておりました。
ちなみにコリン役のプレゼンスもこの脱走計画に実際に参加した一人だそうですね。
a0037338_16505226.jpg

マックィーンとスタージェス監督のコンビは「戦雲」「荒野の七人」に続いてこの「大脱走」が三回目、意気もぴったりで二人の最高傑作といっても過言ではありません。その後、マックィーンは自身の「栄光のル・マン」にスタージェス監督を招きますが、テーマを巡って対立し、たもとを分かつこととなります。
いまでもテーマ曲の「大脱走マーチ」を聴くと、独房に腰掛けキャッチボールをするマックィーンの姿が脳裏に浮かび、彼の不屈の闘志が私の体に降臨いたします。(笑) 
a0037338_1651143.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-04-30 18:30 | 洋画
<< 「皇帝ペンギン」 「第5惑星」ネタバレあり >>




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧