フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


「ジョー・ジョンストンってなんか良いね〜」

a0037338_2072190.jpg

ジョー・ジョンストン監督の名前をはっきり記憶したのは、1999年公開の「遠い空の向こうに」でした。映画専門誌であらすじを読んでから公開が楽しみで銀座の映画館まで足を運んで鑑賞し、大変感動した記憶があります。いまでもお気に入りの一本です。主人公のホーマーが全米科学コンテストで優勝し、町に凱旋しロケットを打ち上げる場面での父子の和解のシーンには涙いたしました。
a0037338_2075937.jpg

当時、この感動的な映画の監督はどんな人なんだろうっということで「遠い空の向こうに」のパンフレットに目を通して見ました。
ジョージ・ルーカスのILMで特殊効果のデザイナーとしてスタート。「スター・ウォーズ」の旧3部作では視覚効果の美術監督を務めます。その後「レイダース/失われた聖櫃」では特殊効果としてリチャード・エドランドらとともにアカデミー賞を受賞、「インディー・ジョーンズ/魔宮の伝説」でも美術監督、「ニューヨーク東8番街の奇跡」で第二班監督、「オールウェイズ」では空中特撮のスーパーバイザーを務めそのキャリアを積んで行きます。1989年の「ミクロ・キッズ」で監督デビュー、その後「ロケッティア」「ジュマンジ」でもメガホンを取りヒットさせます。
a0037338_2084263.jpg

「ロケッティア」「ジュマンジ」は残念ながらレンタルでの鑑賞だったのですが、二本とも"これおもしろいじゃん!! 映画館で見れば良かった"と後悔した作品です。彼の作品のキーワードは月並みの言い方かもしれませんが「空への憧れ」と「親と子の絆」でしょうか。「ロケッティア」では空を飛行することの爽快感が、「ジュマンジ」では父と子の誤解と和解が描かれ、「遠い空の向こうに」ではその両方が重要なテーマでした。
a0037338_209186.jpg

そして忘れてならないのは超お気に入り「アイアンジャイアント」のロボットのデザインです。「地球の静止する日」などのレトロなSF映画へのオマージュが込められたナイスなデザインでした。この映画の時代設定は人類初の人工衛星スプートニクが飛んだ1957年、「遠い空の向こうに」と同じです。
彼の映画には善意の人々がたくさん出て来ます。ラストが清々しいハッピーエンドのところもお気に入りです。「ジュラシック・パーク3」も彼の作品ということで期待して劇場に行ったのですが、ちょっと期待はずれでした。残念!! 次回作頑張って下さいね。
a0037338_2095191.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-05-08 21:46 | その他
<< 「暗黒街の二人」 「皇帝ペンギン」 >>




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧