フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


「暗黒街の二人」

a0037338_1643405.jpg

最近、保護司とか保護監察制度の事をTV等で見聞きします。そこで思い出した映画の話を少し。
1973年公開のフランス、イタリア合作映画、「暗黒街の二人」です。銀行強盗で12年の刑を受け、出所した男ジーノにアラン・ドロン、彼を励まし支える保護司ジェルマン・カズヌールをジャン・ギャバンが演じております。
出所し小さな花屋を営む妻のもとに帰ったジーノは、昔の仲間からの悪事への誘いもはね除け更生の道を歩んで行きます。カズヌールは彼と家族ぐるみで付き合い支えます。しかしジーノを悲劇が襲います。自動車事故で最愛の妻を亡くしてしまうのです。自暴自棄になるジーノですが、やがてカズヌールの勧めで新しい職に就き、新しい彼女も出来ます。再び幸せな日々が戻ってきたと思われたジーノですが、彼の前に一人の男が現れます。10数年前ジーノを逮捕し、彼が再び犯罪に手を染めると思い込む刑事ゴワトローです。ゴワトローはジーノに執拗に付きまとい・・・。そして悲劇がおきます。
刑事ゴワトローを演じるミッシェル・ブーケが秀逸です。憎たらしい仇役を見事に演じております。その憎々しさは「グラディエーター」のホアキン・フェニックスと双璧です。
原題は「街の二人」、邦題はいただけませんね。
a0037338_957536.jpg

ジャン・ギャバンというとやはり「望郷」のペペ・ル・モコが印象的ですね。亡くなった母親がギャバンの大ファンでした。「レ・ミゼラブル」も子供の頃に見て感銘を受けました。
アラン・ドロンもダーバンのCMを初め、「太陽がいっぱい」「冒険者」「ボルサリーノ」「サムライ」等々好きな作品が目白押しですね。その中でも以前取り上げた「レッドサン」同様、チャールズ・ブロンソンと競演した「さらば友よ」はそのうち記事にしたいものです。
a0037338_9572384.gif

ちなみに20年程前、日本語を勉強しているアメリカ人の方々と飲みに行ったおり、冗談で「私は和製アラン・ドロンと呼ばれてるんだ」と言ったところ誰もドロンを知りませんでした。当時日本ではアラン・ドロンと言えば二枚目の代名詞、アメリカでは無名だったのかなー・・・。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-05-14 10:16 | 洋画
<< 「ずっとドラゴンが好きだった」 「ジョー・ジョンストンってなん... >>




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧