フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


「ミリオンダラー・ベイビー」

a0037338_2128491.jpg

「ミリオンダラー・ベイビー」見て来ました。前評判通りの重いテーマでございました。
公開中という事で"なるべく"ネタバレ無しで感想を少々。

モーガン・フリーマン演じるジムの雑用係スクラップの語りで映画は幕を開けます。いい声ですよねー。彼のナレーションというと「ショーシャンクの空に」も印象的でした。大統領から神様、犯罪者までこなす芸達者はこの映画でも一歩引いた演技でいぶし銀のように渋く輝いておりました。
a0037338_21292025.jpg

決して成功しているとは言えないボクシングジムの経営者兼トレーナーのフランク(イーストウッド)のもとに、人生の居場所を失いボクシングだけに自身の生きる価値を見いだす31歳の女性ボクサーのマギー(ヒラリー・スワンク)が現われます。女性は教えないとマギーを相手にしないフランクですが、彼女の熱意とスクラップの影の後押しで渋々コーチを引き受ける事となります。
徐々にマギーの素質に惚れ込み指導に熱の入るフランク。めきめきと腕を上げ勝ち続けるマギー。二人を静かに見守るスクラップ。物語は悲劇に向けて一歩一歩静かに進行して行きます。
a0037338_2130131.jpg

ヒラリー・スワンク頑張っておりました。かなりハードなトレーニングをしたようで、体もしっかりと作り込んでボクサーらしい動きになっておりました。3ヶ月という短期間にしては立派ではないでしょうか。
それにしてもタイトルマッチの相手役、反則連発のダーティーチャンピオン"青い熊"ことビリーを演じた元女子世界チャンピオンのルシア・ライカ選手の存在感は抜群でした。憎々しい出で立ち、風貌は本当にハマり役でございました。
a0037338_21305355.jpg

フランクがマギーに付けたニックネーム"モ・クシュラ"の意味を聞いた時のマギーの涙に"涙"いたしました。重い映画ではございますが、お薦めの一本ではないでしょうか。

パンフレットによりますと撮影自体は37日間で終えたそうです。監督としてもプロデューサーとしても早撃ちなんですね。

<6/3追記> 鑑賞翌日、ラストのヒラリー・スワンクの表情が頭から離れず困りました。翌日まで引きずった映画は久し振りかもしれませんね。ヒラリー・スワンクの前半の躍動する動の演技と、後半の静の演技、オスカーに相応しいものでした。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-06-02 22:05 | 洋画
<< 「東宝特撮スーパーメカってなん... 「ブレードランナー」その2 >>




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧