フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


「東宝特撮スーパーメカってなんかいいね」

a0037338_132153.jpg

もちろん東宝特撮映画の顔といえばゴジラを筆頭に怪獣達なのでしょうが、今回は東宝特撮映画に登場したスーパーメカについて少し。

一番のお気に入りはなんといっても昭和38年公開の「海底軍艦」に登場した轟天号です。全長150m、重量1万トン、マッハ2で空を飛び、海上では80ノット、海中では50ノット、先端のドリルを回転させ地中をも時速20キロで進むという万能戦艦でございます。デザインは絵物語作家の小松崎茂さん、彼の生み出した数々のメカの中でも最高傑作ではないでしょうか。

ミニチュアは最大の物が4.5mという事で特撮も重量感溢れるリアルなものでした。轟天号の試運転の場面で轟天が水面に浮上し、そのまま空中に浮遊していくシーンは東宝特撮史上屈指の名場面です。

轟天号の艦長、神宮寺大佐を田崎潤さんが好演しております。太平洋戦争終結直前に潜水艦"伊-403"とともに日本を脱出、密かに南海の孤島で"轟天建武隊"として大日本帝国再興のため轟天号を建造した神宮寺大佐。凄い技術力です。
上官であった元海軍技術少将、楠見(上原謙)から「戦争は終わったんだ! 世界はムウ帝国の脅威にさらされている。世界を救うため海底軍艦の力を貸してくれ」と言われると、「お断りします! 轟天は日本が再び世界に雄飛するため建造したのです。轟天建武隊は今だ降伏せずです」と駄々をこねます。そのくせ20年生き別れていた一人娘の真琴(藤山陽子)に「お父さんの分からず屋、お父さんなんか嫌い」と言われると困惑してしまいます。

クライマックスではムウ帝国のスパイ(佐原健二)によって爆破され崩れ落ちたドックから先端のドリルを回転させ、伊福部昭先生のかっちょいいスコアをバックに出撃していきます。
ムウ帝国との戦闘でのムウの守り神"巨竜マンダ"との戦いも怪獣ファンには嬉しい場面です。
a0037338_1323223.jpg

第二位は昭和32年公開の「地球防衛軍」に登場した宇宙からの侵略者ミステリアンの操る怪ロボット"モゲラ"です。モグラの様に地中を進むので"モゲラ"素晴らしいネーミングです。(笑)
モゲラはミステリアンの土木機械という設定で意外と弱いです。ダイナマイトでやられてしまいます。(涙) この映画には他にもアルファー号とベーター号という飛行戦艦や、マーカライト・ファーブという熱戦砲など特撮メカが沢山登場いたします。この映画でも、伊福部昭先生のかっこいいマーチが戦闘場面を盛り上げております。
a0037338_133377.jpg

第三位は昭和41年公開の「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」に登場した"メーサー殺獣光線車"でしょうか。東宝特撮伝統の光線兵器の集大成と言うべきスーパー兵器でした。
上記の「地球防衛軍」のマーカライト・ファーブ、「宇宙大戦争」の熱戦砲、「モスラ」の原子熱戦砲など光線兵器はある意味東宝特撮映画の象徴と言っても過言では無いかもしれませんね。

おまけの写真は「海底軍艦」に登場したムウ帝国の女性皇帝(小林哲子)です。捕われの身になっても高飛車のところがお気に入りでした。ラストでは燃え盛る海の中に身を投じます。敵ながらにアッパレでございます。
a0037338_1332691.jpg

次点は「緯度0大作戦」に登場したα号と黒鮫号です。映画はダメダメ映画でしたねー。劇場で見たんですが観客は確か4人でした。(内二名は私と兄) 私の映画人生で最低人数です。

ちなみに平成ゴジラシリーズの"スーパーX"とかファイナルウォーズの"轟天号"は全然ダメですよ。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-06-12 01:32 | その他
<< 「ミュージックバトン」 「ミリオンダラー・ベイビー」 >>




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧