フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


「鷲は舞いおりた」と「鷲は舞い降りた」

a0037338_1025731.jpg

先日、ジャック・ヒギンズの傑作戦争小説「鷲は舞い降りた」を読みました。20年程前に読んだ事もあるような・・・。(笑) これが読み始めると馬鹿面白いです。没頭しました。

「鷲は舞い降りた! ヒトラーの密命を帯びて、イギリスの東部、ノーフォークの寒村に降り立ったドイツ落下傘部隊の精鋭たち。彼らの受けた任務は困難極まるものだった。この地で週末を過ごすチャーチル首相を誘拐せよというのだ。指揮官は歴戦の勇士シュタイナ中佐。味方は軍情報局の女スパイとIRAの兵士。死の危機が潜む中、イギリス兵になりすましたシュタイナらは着々と計画を進行させていった・・・。世界の命運を左右する極秘作戦の正否は? 使命達成に命を賭けた男達。その勇気と不屈の闘志を雄渾の筆で謳う戦争冒険小説の最高傑作! 」ハヤカワ文庫裏表紙より

これは傑作だ!!! という事でレンタルビデオにて、1976年公開の「鷲は舞いおりた」を鑑賞いたしました。遠い昔TVで見て好きだったのですが、原作を読んでから見直すとちょっと印象が変わります。(笑) 映画の方は"降りた"ではなく"おりた"なんですねぇ〜。

ユダヤ人少女を助けた罪により軍籍を剥奪され、部下とともに懲罰部隊で不毛な作戦に従事する歴戦の勇士シュタイナー中佐をマイケル・ケイン、饒舌で大胆不敵、曲者のIRA兵士リーアム・デブリンをドナルド・サザーランド、計画立案を託されるマックス・ラードル中佐をロバート・デュバル(アイパッチが似合ってます)、出番は少ないながら武装親衛隊長官ヒムラーをドナルド・プレザンス(雰囲気抜群)という豪華、通好みの出演陣、監督は名匠ジョン・スタージェスとくれば面白くならないわけはない!!!

楽しめます。戦争映画の佳作としてお勧め出来る一本に仕上がっております。ポーランド人部隊として潜入したシュタイナ達の正体が露見してしまう水車小屋のシーンなんか名場面ですよねぇ。ただ尺の関係で原作の主役とも言うべきデブリンの活躍と、現地の女スパイ・ジョウアナ・グレイの活動が描ききれていないのが非常に残念です。小説「鷲は舞い降りた」には完全版があるそうですが、映画の方にこそ1時間程プラスした完全版を作って欲しいものです。

個人的にはマイケル・ケイン、ドナルド・サザーランド大好きなのですが、原作のイメージとちょっと違うんだよなぁ〜。シュタイナーはマイケル・ケインよりハーディー・クリューガーかな・・・(直球過ぎ)。リーアム・デブリンは検討中、やっぱり小男じゃないとなぁ。(笑)  
a0037338_2351342.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-09-10 10:25 | 洋画
<< 「しばらく臨時休業いたします」 「モスラ対ゴジラ」 >>




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧