フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


「私は口笛が上手いです」-その2-

 さて前回に続いて「自称口笛名人」の私が、知らず知らずのうちに吹いている映画音楽のランキングの第二弾です。今回は【あげあげ部門】。日本だけでなく世界中が元気の無い一年でした。我が家も年末にきて↓でしたよ。という事で元気の出る曲を選びました。

【あげあげ部門】

第一位 Panzerlied(パンツァー・リート)「バルジ大作戦」(1965年)
 輝ける第一位は1965年の戦争映画「バルジ大作戦」の「パンツァー・リート」でございます。大戦末期、ドイツ軍は米軍に対する起死回生の反攻作戦の司令官にヘスラー大佐(ロバート・ショウ)を任命します。大量投入される新兵器タイガー重戦車に満足する大佐ですが、その戦車兵たちを紹介され落胆しつぶやきます。「まだ子供じゃないか・・・」。すると一人の戦車兵が歌いだし、それをきっかけに次々と若き戦車兵たちが足を踏み鳴らし「パンツァー・リート」を合唱します。彼らの熱意を感じ従卒に歌う事をうながし、自らも歌い出すヘスラー大佐。戦争映画史上屈指の名場面に泣けます。(笑)

第ニ位 Burning Bridges(燃える架け橋) 「戦略大作戦」(1970年)
 第二位は、THE MIKE CURB CONGREGATIONの歌う「Burning Bridges」です。クリント・イーストウッド、テリー・サバラス、ドナルド・サザーランドの共演した「戦略大作戦」の主題歌です。同映画には「スパイ大作戦」「燃えよドラゴン」の名匠ラロ・シフリンの作曲した「Kelly's Heroes」(ケリーズ・ヒーローのテーマ)も使われました。こっちも名曲なんですけど、私的にはドーナツ盤を所有して繰り返し聴いていた「Burning Bridges」に軍配を上げます。

第三位 Patton March(パットン)「パットン大戦車軍団」(1970年)
 第三位も戦争映画です。名優ジョージ・C・スコットがパットン将軍を演じた「パットン大戦車軍団」からジェリー・ゴールドスミスの「Patton March」です。この映画は第43回アカデミー賞で、作品賞/監督賞/脚色賞/音響賞/美術賞/編集賞/主演男優賞の7部門を受賞したのですが、史上最高の演技と称された主演のジョージ・C・スコットは受賞拒否しちゃいましたね。オスカー像はスコットの承諾を得た上で、パットン将軍博物館に寄贈されたそうです。

第四位 怪獣大戦争マーチ「怪獣大戦争」(1965年)
 第四位は唯一の邦画です。私の人格形成に大きく影響を与えた東宝特撮映画「怪獣大戦争」から「怪獣大戦争マーチ」です。1954年の「ゴジラ」1959年の「宇宙大戦争」でも同じメロディーラインが使用されていましたが、私的にはこの映画のイメージですね。後年、K-1創成期に活躍した佐竹雅昭選手が入場テーマ曲に使っていたので、そちらで記憶にある方も多いかもしれません。聴くと元気がでますね〜。

第五位  55DAYS AT PEKlNG「北京の55日」(1963年)
 第五位はチャールトン・ヘストン主演の「北京の55日」のテーマ曲です。正直映画の詳細はあんまり覚えてないんですよ。テーマ曲だけは鮮明に記憶に残っています。作曲は私のお気に入り、ディミトリ・ティオムキンですね。少人数で大軍を迎え撃つ"立て篭り映画"はもっとも好きなジャンルなんですが、1900年の義和団の乱を描いたこの映画も当然"立て篭り映画"ですね。故伊丹十三さんも出演しておりました。そのうち"立て篭り映画"のランキングなんぞやってみたいものです。

↓【あげあげ部門】第一位「Panzerlied」(パンツァー・リート)


↓訳詞です。「西洋軍歌蒐集館」から頂きました。ありがとうございます。ちなみに映画では一番だけが繰り返し歌われているそうです。
*日本経済の不況の波に、私の職場も飲み込まれてしまいました。。来年はこの「パンツァー・リート」を足を踏みならしながら高らかに歌い、荒波に立ち向かって行こうと思っております。

嵐の日も雪の日も、
太陽 我らを照らす日も、
炎熱の真昼も
極寒の夜半も
顔が埃に塗れようと、
我らが心は快活ぞ。
我らが心は快活ぞ。
戦車は轟然と
暴風の中へ驀進す。

機関は吼えて
疾風迅雷と進み、
敵の砲火も
鋼の装甲で防げ。
我等は友軍の先駆、
支援はなくも戦うなり。
支援はなくも戦うなり。
斯くの如く我らは
敵陣深く突き進む。

敵の軍勢の
眼前に現われなば
全速力もて
向かい討たん!
我らが陸軍の為
この身命なにものぞ。
然り、この身命なにものぞ。
ドイツの為に散る、
そは至上の栄誉なり。

障害物と地雷にて
敵が阻むとも、
それを鼻で笑い
回避して進まん。
黄土に潜む
敵の火砲が吼えるも
火砲が吼えるも
我らは何人も知らぬ
未踏の道を探るのみ。

武運つたなく
深傷を負いて、
もはや故国に
帰ることかなわず。
弾丸 我らを貫き
命運は尽き果てぬ。
ああ、命運は尽き果てぬ。
その時、戦車は
我らの鋼鉄の墓とならん。

【過去の関連記事】
「戦略大作戦」
「パットン大戦車軍団」
「ハンス・クリスチャン・ブレヒ -気になる役者-」
「押し入れの中から懐かしいEP盤が-その2」
[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-12-27 23:21 | その他
<< 「洋画史上最高のラストシーンとは?」 「私は口笛が上手いです」-その1- >>




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧