フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


「ラストシーンの話 -その2-」

 前回に続いてラストシーンの話をもうひとつ。
 好きだなぁ〜、そして上手いなぁ〜と思うのがジェームズ・キャメロン監督の「ターミネーター」のラストシーンです。

 
 死闘の末ターミネーター(アーノルド・シュワルツネッガー)を倒した数ヶ月後、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)はジープに乗りメキシコ国境のガソリンスタンドにやって来ます。やがて人類のリーダーとなるジョン・コナーを宿したお腹はかなり大きくなり、ジープの後部座席にはシェパード犬が、サラの膝の上には大型のリボルバーが置かれています。犬は人間とターミネーターを識別させるため、リボルバーはスタームルガー社のレッドホークという銃だそうで、携行性より破壊力重視ですね。
 スタンドのおじさんに給油してもらいながら、やがて生まれて来る息子のためにメッセージを録音するサラ。「・・・あなたは彼を父親と分かっていて、過去に行かせられるのかしら・・・でもそうしないとあなたは生まれて来ないし、ああ頭が変になりそう・・・(台詞うろ覚え?)」と、フラッシュが光ります。少年が彼女の写真を撮り買ってくれと言います。写真を受け取るサラ、そこには悲しげな表情の彼女が映っています。
 スペイン語でなにかを言いながら走り去って行く少年。おじさんが「嵐が来ると言ってますよ」と通訳します。「知っているわ」とつぶやくサラ。そしてテーマ曲が流れ、暗雲が立ち上る地平線に向けて走り去って行くジープ。クレジットが流れます。




 映画では直接描かれていませんが、何十年か後、成長したジョン・コナーは、父親となるカイル・リースと出会うわけですね。ジョンはカイルに彼が父親である事は伏せつつ、母サラの思い出を語り、母親から貰ったこの時の写真を手渡します。マシンとの戦いの合間に写真を眺めるカイル。なんの娯楽も無い戦いの日々ですから、写真のサラに思いを募らせていくのも自然な流れですね。そしてジョンは、サラをターミネーターから守る使命を彼に与え、タイムマシンで過去に送り込みます。
 「あなたは、ジョンに戦い方や組織作りを教え込んだ伝説の女性だ」とか「写真のあなたは、何故だか悲しげな表情でした」とかのサラとの会話も活きてましたね。タイムパラドックスの使い方としてもスマートです。
a0037338_10185985.jpg

 まあ「ターミネーター2」はふんだんにお金のかかった傑作娯楽映画ですが、私的には低予算で作られた一作目の「ターミネーター」の方が好みです。
 
[PR]
by samurai-kyousuke | 2009-01-07 23:54 | 洋画
<< 「ラストシーンの話 -その3- 」 「洋画史上最高のラストシーンとは?」 >>




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧