フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


2009年 07月 02日 ( 1 )

「アパルーサの決闘」-DVD鑑賞-

a0037338_18125891.jpg

 レンタル店で発見。速攻鑑賞いたしました。

 原作はロバート・B・パーカーの同名小説「アパルーサの決闘」。監督、主演はエド・ハリス。その他共演は、ヴィゴ・モーテンセン、ジェレミー・アイアンズ、レニー・ゼルヴィガー、ティモシー・スポール、ランス・ヘンリクセンetc。これだけのキャストでありながら日本未公開とは、西部劇は弱いなぁ・・・。

 さて、いきなり結論です。
「ヴィゴ・モーテンセン演ずる保安官助手エヴェレット・ヒッチは、マグナム44を巨大な8ゲージ・ショットガンに持ち替えた実写版次元大介だった」 
 髭面の風貌、無駄口はきかず、一歩引いたスタンスで保安官ヴァージル・コール(エド・ハリス)を支えるエヴェレット・ヒッチ。峰不二子ではなく、都会的な雰囲気の未亡人アリソン(レニー・ゼルヴィガー)に熱を上げて舞い上がるコールに、少々呆れつつも文句を言わずフォローに徹するあたりも次元っぽいです。
a0037338_1318560.jpg

 ある時は傍らで、またある時は部屋の片隅から、そしてまたある時は敵の後方と、常にベストポジションからコールを援護します。その手には常に8ゲージのショットガンが握られています。
 このショットガンが迫力満点。通常、西部劇に登場するショットガンは12ゲージ。「荒野の七人」の冒頭でスティーブ・マックィーンが使用したのも12ゲージでしたね。数字が小さいほど大きな鉛玉を発射するショットガンだそうです。現在は8ゲージのショットガンは製造されていないとか。

↓銃身の長さは127cm、重量は5kg、迫力です。
a0037338_18105816.jpg

 
 なかなか丁寧に製作された本格派の西部劇でした。近年の数少ない西部劇の中で、ケビン・コスナーとロバート・デュバルの「ワイルド・レンジ/最後の銃撃」(2004年)も秀作でしたが、「アパルーサの決闘」もお勧めの一本です。アメリカでは封切り時たった14館でスタート、評判を呼び3週目には1,000館に拡大公開されたそうです。

 ちなみに、レニー・ゼルヴィガー、劇中でも損な役回りで可哀想なんですけど、私この人苦手なんですよ。(笑)
 samurai的には、ヒッチが仲良くなっちゃう酒場のお姉さんの方が好みです。どこかで見た人だなと思って検索したら「パンズ・ラビリンス」のお母さん役の女優さん(アリアドナ・ヒル)でした。

 テーマ曲も西部劇好きのツボを押さえたナイスな雰囲気です。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2009-07-02 17:28 | 洋画




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre's..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧