フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


カテゴリ:TV映画( 8 )

「そう言えば・・・」

 「ミセス・コロンボ」って一本も観てないな〜。まあ、とくに観たくもないけど。

 ピーター・フォークさんの追悼特集で、NHKで「構想の死角」「二枚のドガの絵」「別れのワイン」と立て続けに観賞。いまも「パイルD-3の壁」を観賞中。

 いつのまにかコロンボ警部の年齢を越えてしまった。感無量です。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2011-07-06 23:43 | TV映画

「HEROES/ヒーローズ」-太ったキアヌ-

a0037338_21135588.jpg

↑太ったキアヌ・リーブスではありません。「HEROES」でテレパス、マット・バーグマンを演ずるグレッグ・グランバーグ君です。

 「HEROES/ヒーローズ 」のシーズン1の1話から10話を一気に観ました。以前1話だけ観たんですけど忘れちゃったんで、もう一度最初からおさらいです。どうもアメリカの人気TVシリーズというと、風呂敷広げるだけ広げて収拾がつかなくなっちゃうパターンが多いんで心配。(例)「Xファイル」「ミレニアム」「LOST」などなど。
 
 このドラマで気になってしょうがないのが、上の写真のグレッグ・グランバーグです。2話から登場するんですけど、「太ったキアヌ」にしか見えません。以前から有名らしく「でぶキアヌ」(ファンの方ごめんなさい)で検索するとグレッグ・グランバーグ関連の記事がずらっと出てきます。(笑)
 真面目な顔で登場する度になんか笑っちゃってストーリーに集中できませんよ。
a0037338_22535617.jpg

      ↑太ったキアヌことグレッグ・グランバーグ君
      ↓御本家キアヌ・リーブス様
a0037338_2254114.jpg

シーズン1:あらすじ「アメリカ、インド、日本。遠く離れたまったく別の土地で、ある現象が起こり始める。平凡な人々に突如として、空中飛行、肉体再生、未来予知、時空操作など特殊な能力が備わりはじめたのだ。自分の能力に使命を感じる者もいれば、能力を恐れひた隠しにする者、自分の能力を悪用する者が現れる。そして、相手の能力を奪う殺人鬼「サイラー」、2008年11月8日に起こるニューヨークでの大爆発。それらを阻止しようと、まったく繋がりの無かった彼らが集い始める」(Wikipediaより)
a0037338_23515939.jpg

↑そしてもう一人、別の意味で非常に気になるのがこの人。脅威の肉体再性能力を持つ不死身のチアガール、クレア・ベネットを演ずるヘイデン・パネッティーア嬢でございます。
 「レーシング・ストライプス」でもキュートな女の子を演じてましたね。彼女のためにも"シーズン1"残り13話、頑張って観ますよ。(笑)
[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-12-02 21:14 | TV映画

「謎の円盤UFO」-広川太一郎さん追悼-

a0037338_2242332.jpg

声優の広川太一郎さんがお亡くなりになった。慎んでご冥福をお祈りいたします。

と言う事で今回は1970年頃に夢中で観た「謎の円盤UFO」でございます。
「チャラララ〜ン♪、チャ〜チャラララ♪、チャラララ〜ン♪」という軽快なテーマ曲にのり矢島正明さんのナレーションが流れます。

「 1980年すでに人類は地球防衛組織SHADOを結成していた。SHADOの本部はイギリスのとある映画会社の地下深く秘密裏に作られ、沈着冷静なストレイカー司令官のもと日夜謎の円盤UFOに敢然と挑戦していた」

広川さんはSHADOのストレイカー最高司令官の声を当ててましたね。この作品では広川さんは二枚目の線に徹してます。スタイリッシュでカッコ良かったなぁ。(笑)

↓憧れのエリス中尉、好きでした・・・。
a0037338_22424453.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-03-08 18:21 | TV映画

「木枯らし紋次郎」

a0037338_8382241.jpg

「木枯らし紋次郎、上州新田郡三日月村の貧しい農家に産まれたと言う。10歳の時国を捨て、その後一家は離散したと伝えられる。天涯孤独の紋次郎が何故無宿渡世の道に入ったかは定かでは無い」

当時覚えた芥川隆行さんのナレーションは今でもスラスラと口から出て来ます。今だに昔の友人達との飲み会で焼き鳥の串をくわえると必ず「あっしには関わりねえ事でござんす」と言ってしまいます。登山やハイキングで山道を歩くと「どぉ〜こかでぇ〜、だぁ〜れかがぁ〜、きぃーいーとー待ぁーって、いてくれ〜るぅー♪」と唄ってしまいます。それぐらい「木枯らし紋次郎」の印象は強烈でした。

中村敦夫さんの紋次郎はニヒルでクールで格好良かったですね。市川崑監督の演出も斬新で、三度笠や合羽はボロボロで、髷もボサボサ、殺陣は泥臭く、走り回り、転げ回り、まるで子供の喧嘩の様でした。長ドスと言うだけに、斬るのでは無く刺してましたね。過去に見た時代劇とはまったく違って、妙にリアルで説得力がある様に感じました。

タイトルも変わってましたね。「六地蔵の影を斬る」とか「○○峠に折り鶴は飛んだ」とか、まったくうろ覚えですが、そんな感じだった記憶があります。

ちなみに中村敦夫さんが選挙に出馬した時に投票用紙に「木枯らし紋次郎」「紋次郎」と書いた人が沢山いたらしいですね。(笑)
[PR]
by samurai-kyousuke | 2006-05-31 08:12 | TV映画

「刑事コロンボ -別れのワイン-」

a0037338_2181061.jpg

海外ドラマにも好きなものは沢山あるのですが、その中でも夢中で見たのが「刑事コロンボ」です。

初見の時、いきなり犯行場面から始まる展開で、犯人探しは一切無し、当時としては斬新な構成に戸惑いながらもハマってしまいました。よれよれのコートにポンコツカー、「うちのかみさんがねぇ〜」が口癖のコロンボのキャラクターもユニークでしたが、犯人の完全犯罪かと思われる手口をコロンボが切り崩して行く過程が緻密で、脚本の良さが出色でしたねぇ〜。放映を心待ちにしておりました。

好きなエピソードは沢山あるのですが、お気に入りの一本が「別れのワイン」です。つい先日深夜に放映されたので早速録画いたしました。私の洋画NO.1である「大脱走」で偽造屋を演じたドナルド・プレゼンスが、ワインを愛し、その愛するワインを守るために殺人をおかし、そのワインに対する卓越した能力のために犯罪が露見してしまうという皮肉な役柄を好演しております。ハマり役なんですよね〜。

またかなわぬ愛と知りながらプレゼンスに10数年思いを寄せ続け、彼を庇う事と引き換えに結婚を要求する、控えめながらもしたたかな秘書役を「エデンの東」でのジェームス・ディーンの美しい恋人役が印象的なジュリー・ハリスが演じております。

生涯を掛けて収集したワインコレクション、その彼の人生そのものと言ってもいいワインボトルをプレザンスが次々に海に投げ捨てるラストが印象的です。

「自供してくれますね」というコロンボに対して、「重荷を降ろした気分だ。結婚を申し込まれていてね。刑務所は結婚より自由かもしれない」という世の奥様方の逆鱗に触れそうなプレザンスの台詞も記憶に残っておりました。故小池朝雄さんの吹き替えも素晴らしいですねぇ〜。

a0037338_219031.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2006-01-01 20:29 | TV映画

「男たちの旅路」ー吉岡指令補はかっこいいぞ!!ー

a0037338_06713.jpg

鶴田浩二というと任侠映画を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、私にとってはNHKの土曜ドラマとして昭和51年から57年の間に13回(全四部+スペシャル)放映された「男たちの旅路」です。大好きでございました。

警備会社を舞台に、特攻隊帰りの戦中派、吉岡晋太郎(鶴田浩二)と戦後生まれの若い警備員との交流を軸としてドラマは進みます。「俺は今の若いやつらが嫌いだ」が口癖で終戦後は余生と言い切る吉岡を、自身も特攻隊経験を持つ鶴田が生き生きと魅力的に演じております。一方、吉岡とぶつかりながら成長していく若い警備員達を、水谷豊(一部〜四部の1話)、桃井かおり(一部〜三部)、森田健作(一部)、柴俊夫(二部〜四部)、清水健太郎(四部)、岸本加世子(四部)、五十嵐じゅん子(一部・二部)らが演じます。

a0037338_2112348.jpg
このドラマの一番の魅力は当然、鶴田浩二演じる警備会社の指令補、吉岡晋太郎のキャラクターです。散って行った戦友の事を思い独身を通し、六畳一間のボロアパート住まい。新人警備員の研修では腕に自信のある若者を本気で叩きのめし「君たちは弱いんだ、弱いという事を自覚して勤務に望まないと怪我をする」などと説教します。今なら大問題ですよね。 考えてみると吉岡が色んな人に説教する場面がこのドラマの一つの見所かもしれません。(笑) 私も鶴田浩二に是非お説教されてみたいです。

ゲストも豪華で、第二部3話「釧路まで」ではフェリーの船長に田崎潤、、爆弾犯に長塚京三、第三部1話「シルバーシート」では老人ホームの老人役に志村喬笠智衆藤原鎌足殿山泰司加藤嘉のシルバーオールスターズ、第三部2話「墓場の島」では歌手役に根津甚八、そのマネージャーで吉岡の元戦友役に高松英郎、第四部3話「車輪の一歩」では車イスの障害者役に京本政樹斉藤洋介古尾谷雅人斉藤とも子、スペシャル「戦場は遥かになりて」では元戦友役にハナ肇。そうそうたるメンバーですね。書き出して見て改めてびっくりしました。

その他、吉岡の元上官で警備会社の社長役に池部良、同僚役に中条静夫橋爪功前田吟ら芸達者が名を連ねております。

戦中派の吉岡にことごとく反発し、やがてはお互いを認め合っていく若い警備士、杉本陽平を水谷豊が演じております。言葉使いを知らず、いい加減でいつも猫背でポケットに手を突込み、文句ばかり言っている杉本はまさに水谷のハマり役でございます。「傷だらけの天使」の延長線の役柄ですね。

そしてもう一人、飛び降り自殺を警備中の吉岡に止められ、そのまま警備士となる島津悦子を桃井かおり姉さんが演じておりますが、この人やはり抜群に上手いです。自分のストライクゾーンの役柄になると鳥肌立つほどの芝居をしますねぇ〜。第三部では吉岡との悲恋が描かれます。必見です。(笑)

a0037338_21125937.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-11-18 00:06 | TV映画

バンド・オブ・ブラザーズ

a0037338_2275343.jpg

今回はWOWOWで放送されたアメリカのTVシリーズ「バンド・オブ・ブラザーズ」について少し。スティーブン・スピルバーグとトム・ハンクスの共同プロデュースで全10話(総時間10時間)、制作費は150億円というTVシリーズとしては桁外れのスケールで製作されました。原作はスティーヴン・アンブローズの同名ノンフィクションです。

ドラマは、米101空挺師団506連隊E中隊の戦いの軌跡を訓練所から終戦まで描いていきます。登場人物も多く馴染みのない役者さんばかりで、最初は「これ 誰だっけ?」という感じです。ところがストーリーの進行につれて、どんどん一人一人の登場人物にハマっていきます。私のお気に入りはスピアーズ中尉(フランク・ジョン・ヒューズ)とコンプトン中尉(ニール・マクドノー)でした。ニール・マクドノーはこの作品の後「マイノリティー・リポート」に出演してましたね。

部隊は史実通りにノルマンジー、マーケット・ガーデン、アルデンヌ、イーグルズ・ネストなど戦争映画ファンにはお馴染みの戦場を転戦して行きます。戦闘シーンは「プライベート・ライアン」と同じく手持ちカメラの寄りのカットを多用し、迫力満点です。

毎回最後に実際の登場人物(当然凄いお爺さん)が何人かインタビューカットでちょこっと出演します。誰だか判らないのですが、最終回に実名が出ます。この人がこういう戦いを生き抜いたんだなと思うと感動します。実話の重みですね。

ちょっと長いので万人向けではありませんが、好きな人はハマりますよ。ちなみに主人公のウインタース中隊長の吹替えを役所広司さんがやっておりますが、なかなか良いです。

アメリカのTVミニシリーズというと昔「ルーツ」にハマった記憶がありますね。
a0037338_2294166.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-12-18 23:51 | TV映画

名犬ロンドン

a0037338_133285.jpg

今回はちょっと趣を変えて子供の頃TVで見てハマった「名犬ロンドン」の話を少し。放送は1960年代の前半だったように記憶しています。当時アメリカの名犬ドラマといえばコリー犬の「名犬ラッシー」でしたが、私的には断然シェパード犬の「名犬ロンドン」でした。

町から町を一匹で旅するロンドンは、行く先々でいろんな人と出会い様々な事件を解決していきます。「逃亡者」とか「拳銃無宿」を彷佛させる展開です。毎回、番組の最後には貨車に乗り込んだり、トラックの荷台に飛び乗ったりして、町を去っていきます。

「どうだい、お前うちの犬になるかい? そうか、やっぱり行くのか、元気でな ! ワン公」とか、「お母さん、この犬飼っていいでしょう ! 」「駄目みたいよ。このワンちゃんは目的があるみたい、ちゃんとお別れ言いなさい」といったラストが思い出されます。もう一度見たいドラマです。

主題歌がまた良かったですね。確かこんな感じでした。

♪見知ーらぬ、この町〜、 さまーよい来れば〜。
 遥かな思い出ー、胸によみがえる〜。
 友を訪ーね行く、旅は果て無し〜、さすらい。♪
a0037338_20431961.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-12-07 13:10 | TV映画




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre's..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧