フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


<   2004年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ミクロの決死圏

a0037338_16533088.jpg

特殊潜航艇プロテウス号に乗り込んだ科学者チームがミクロサイズに縮小され、意識不明の政府要人の体内に治療のため送り込まれます。いまでこそ目新しいテーマではありませんが、当時は新鮮でした。サルバドール・ダリがデザインしたという体内の特撮も今見るとチープですが、そのチープさが斬新な感じです。

科学者チームのリーダーには「ベンハー」のスティーブン・ボイド、紅一点に「恐竜百万年」のラクエル・ウェルチ、「大脱走」のドナルド・プレザンスも科学者の一員として出演しております。

この後、「インナー・スペース」「ミクロ・キッズ」など人間をミクロ化する映画はたくさん作られますが、これが原点ではないでしょうか?
SF映画に免疫が無かった子供時代、本当に画面に釘付けになりました。抗体とか白血球とか医学的な説明も子供心になるほど〜とか思いました。ミクロ化光線の効力が60分ということで、最後はタイムリミットまでに脱出できるのか ! ということではらはらドキドキというお馴染みの展開でございます。プロテウス号のデザインもなかなかかっこ良かったですね。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-10-31 17:33 | 洋画

大空港

a0037338_13375089.jpg

今回はテーマ曲がお気に入りの映画「大空港」の話を少し。私の中ではこの映画と「タワーリング・インフェルノ」「ポセイドン・アドベンチャー」がパニック映画ベスト3です。「当時、輸入レコード店でサントラ盤購入いたしました。

舞台は猛吹雪で機能を停止したケネディー国際空港。地上には大型旅客機が脱輪し滑走路上に立ち往生しています。「こいつは戦車なみに頑丈だ。もっと出力を上げろ ! 」と奮闘する地上保守員を男の中の男、ジョージ・ケネディーが熱演しております。ケネディーこういう役やらせたら抜群ですよね。

妻子に保険金を残そうと手製爆弾を持ち込む男を「シェーン」のヴァン・ヘフリンが哀愁たっぷりに演じます。その他、機長にディーン・マーチン、その不倫相手の美人スチュワーデスにジャクリーン・ビセット、空港長にバート・ランカスターと豪華な配役です。そうそう忘れてならないのが、ただ乗り常習犯のおばあちゃんをヘレン・ヘイズがお茶目に演じています。彼女のテーマ曲が映画「ハタリ ! 」の"子像の行進"でした。ヘンリー・マンシーニのかわいい楽曲です。

ストーリーのクライマックスは、空中爆発でダメージを負ったマーチン操縦の旅客機の着陸までに、滑走路上の機体の撤去なるか〜 ! というところで、わかっていても手に汗握ります。この映画のヒットで「エアポート」シリーズが何作品か製作されました。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-10-30 13:40 | 洋画

ライムライト

a0037338_9255559.jpg

中学生か高校生の頃、チャップリンの映画を劇場で見ました。記憶によると最後の劇場公開という触込みだったような気がします。パンフレットを確認すると「街の灯」「キッド」「ライムライト」「独裁者」を見たようです。

ということで今回は「ライムライト」についてひとつ。チャップリン本人の作曲ということですが、テーマ曲が心に滲みる名曲です。いつ聴いても映画の場面が目に浮かびます。落ちぶれた老芸人のカルベロをチャップリンが演じます。この映画には山高帽にステッキというお馴染みのチャップリンは出てきません。ある日彼は精神的なショックから下肢が麻痺してしまったバレリーナのテリーと出会います。カルベロは、自殺まで図った彼女を献身的に支え、励まします。そして再びライムライトに照らされるステージにテリーを送り出すまでが感動的に描かれます。

クライマックスのもう一人の喜劇王バスター・キートンとチャップリンの共演シーンは圧巻です。二人の共演はこの一回だけだったそうです。

彼との結婚を望むテリーに対して、彼女が若い作曲家に求婚されていることを知り静かに身を引くカルベロ。ラスト、まぶしい程のステージで舞うテリーを見つめるチャップリンの演技に涙が溢れます。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-10-30 09:28 | 洋画

マーフィーの戦い

a0037338_20122624.jpg

宮崎駿さんの「紅の豚」を見た時に思い出した映画があります。1971年公開の「マーフィーの戦い」です。この映画にはグラマンJ2Fダックという水上機が出てきて活躍します。水面から飛び立つシーンとか、旋回したり宙返りしたりと水上機の格好良さが堪能できます。宮崎さんも影響を受けたのではないでしょうか。

Uボートの攻撃で沈没した戦闘艦のただ一人の生き残り、マーフィーを「アラビアのロレンス」の名優ピーター・オトゥールが演じています。彼は唯一残された水上機と手製爆弾でUボートに戦いを挑みます。攻撃が失敗し、水上機を失い、ラジオ放送で終戦をしった後も戦いを止めません。最後は川底の泥で立ち往生したUボートに向かって、クレーン船に釣り下げた魚雷で攻撃を挑みます。

執念の男マーフィーをオトゥールが熱演しています。当時、水上機があまりにかっこ良いのでエアーフィックス社のプラモデルを購入して部屋に飾っておりました。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-10-21 20:46 | 洋画

タワーリング・インフェルノ

a0037338_13433982.jpg

パニック映画つながりということで、お気に入りをもう一本。この映画、20世紀FOXとワーナー・ブラザースのビッグ2の合作です。たまたま同時期に似たような映画の企画を進めていた両社が、それだったら一緒にやろうということで実現したビッグプロジェクトです。キャストも超豪華でスティーブ・マックィーンとポール・ニューマンの顔合わせを始め、フェイ・ダナウェイ、ウイリアム・ホールデン、フレッド・アステア、ロバート・ボーン、ロバート・ワグナー、そしてO・J・シンプソンなどなど。

138階建ての超高層ビル"グラスタワー"、その落成パーティーの日に81階の倉庫の配電板で小さな出火が起きる。その小さな火が・・・。

なんといってもマックィーン演じるオハラハン消防隊長がかっこいいです。ニューマン、マックィーンの2大スターの共演ということで、キャストの名前の順番からカット数、台詞の数まで制作サイドが気を使ったらしいですが、ニューマンの役は建築設計士ということで地味。どうしてもマックィーンの方に分がありましたね。マックィーンの消防隊長がニューマン演じる設計士に言う台詞「建築屋さんは何階まで消火できるかなんて考えず、高さだけを競い合う」

初老の結婚詐欺師役のフレッド・アステアさんが涙をさそう名演技でございました。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-10-21 14:37 | 洋画

ポセイドン・アドベンチャー

a0037338_23305346.jpg

当時パニック映画ブームで「大地震」「タワーリング・インフェルノ」とか、なかなかな作品が公開されました。今回はその中から「ポセイドン・アドベンチャー」について少し。

豪華客船ポセイドン号が大津波を受け、横転してしまいます。大多数の人々が船首に向かう中、ジーン・ハックマン演じる牧師ら数人は船尾に向かって行きます。彼等の脱出行は成功するのか?

全てのものが天地逆転した空間が異様でした。特にトイレの場面で男性用便器が天井に並んでるシーンは笑ってしまいました。最近は悪役が多いハックマンですが、この映画の行動力に溢れた牧師役はかっこ良かったですね。ラストシーンの「神よ ! 助けてくれなくてもかまわない ! じゃまはしないでくれ」といってバルブのハンドルを回すシーンは感動しました。また牧師と対立するアーネスト・ボーグナインもいい味だしてました。警察官役で奥さんは娼婦なんですよね。

シェリー・ウインタースが恰幅の良いおばちゃん役なんですが、ロープが絡んで水中で立ち往生した神父を助けるシーンがあります。「私こう見えても元水泳選手よ!」と言って見事な飛び込みを見せます。旦那さんが何十年前の話だといってとめるのですが・・・。ちょっと泣けちゃうんですよね。

パメラ・スー・マーチンという女優さんが出ていて可憐でした。この映画以外で見た記憶ないんですが・・・。ビデオのパッケージ見たら、あのレスリー・ニールセンが船長役で出演してたんですね。私にとっては豪華客船沈没物というと「タイタニック」ではなく、こっちです。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-10-18 23:46 | 洋画

フルメタル・ジャケット

a0037338_18145021.gif

奇才スタンリー・キューブリック監督が戦争の狂気を描いた作品です。マシュー・モディーン演じるジョーカーらが訓練所で戦闘マシーンとして作りあげられ、ベトナムの戦場に送り込まれていきます。

前半は訓練所での過酷な訓練の様子が、後半はベトナムでの実戦が描かれます。何と言っても前半が印象的です。特に鬼教官のハートマン軍曹を演じるR・リー・アーメイが抜群です。機関銃の様にスラングを連発し、怒鳴りまくります。「脳○し、く○ったれ野郎、う○虫」と言いたい放題。訓練生から人間性を奪っていきます。過酷な訓練で精神が壊れた落ちこぼれの太っちょ訓練兵が、ライフルを抱えてトイレでニタ〜と笑うシーンは怖いです。

後半はベトナム物にしては珍しくジャングルでなくフエ市での市街戦が描かれます。見えない狙撃兵との戦闘に一人また一人と倒されていく部隊、果たしてジョーカーらの運命は・・・。

リー・アーメイさん実は本当の元軍人で、演技指導をやっているうちに役者さんになってしまったらしいですね。
a0037338_19112645.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-10-18 19:19 | 洋画

サイレント・ランニング

a0037338_21553584.jpg

地球上の植物が絶滅した近未来、植物は宇宙空間のドームで地球緑化計画の一環として栽培されるだけとなっています。ある日地球から計画を中止しドームを爆破帰還せよという命令が下されます。スタッフ達は帰還命令に喜ぶのですが、唯一植物学者のローウェルだけは命令に従いません。他のスタッフを殺害しドームごと逃亡を計ります。

主人公には今ひとつ感情移入しずらいのですが、主人公の手助けをする"ヒューイ"ルゥーイ"デューイ"という3体の2本足のロボットが、切ないほど愛らしいです。仲間のロボットが壊れてしまった時に心配する仕草とか、並んでトコトコ歩く姿とか実に可愛らしいです。ラストシーン宇宙空間を遠ざかっていくドームの中で、残された一体のロボット"デューイ"が黙々と樹木の世話をするシーンは涙がでます。

反戦フォークの女王、ジョーン・バエズが主題歌を歌っておりました。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-10-17 22:30 | 洋画

ニューヨーク1997

a0037338_23245836.jpg

奇才ジョン・カーペンター監督とカート・ラッセルの名コンビが送る傑作B級アクション映画です。

1997年、巨大な監獄と化していたマンハッタン島に大統領専用機が墜落します。そこで特殊部隊出身の終身犯スネーク・ブリスケンが、恩赦と引替えにマンハッタン島へと乗り込みます。首に埋め込まれた爆弾のタイムリミットは24時間、はたして大統領の救出は、スネークの運命は・・・。

アイパッチ姿もかっちょいいスネーク役のカート・ラッセルを始めとして、配役が渋いですね。刑務所の所長にリー・バン・クリフ、マンハッタン島の首領にアイザック・ヘイズ、大統領にドナルド・プレザンス、スネークを助けるタクシードライバーにアーネスト・ボーグナインと個性的な面々が顔を揃えています。

カーペンターとラッセルのコンビは「遊星からの物体X」「ゴースト・ハンターズ」さらにこの映画の続編「エスケープ・フロム・L.A」とB級テイストに溢れた怪作を産み出していきます。カーペンター監督の作品は万人にお勧めはしませんが、気になる監督の一人です。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-10-17 00:43 | 洋画

ロザンナのために

a0037338_22195771.jpg

ジャン・レノ主演の♥ウオーミング・コメディーです。

ジャン・レノ演じるマルチェロの最愛の妻ロザンナは不治の病で余命わずかと診断されています。ロザンナの願いは幼くして亡くなった娘と同じ墓地で眠る事。しかし村の墓地の空きは残り三つだけ。これ以上村人に死者が出ない様に彼は奮闘します。交通事故が起きない様に交通整理をしたり、重病人を見舞ったり、献血したりと大活躍。一方の妻は自分が亡くなった後、夫には幸せな再婚をして欲しいと考えています。

ロザンナを演じるマーセデス・ルールが良いです。不治の病でありながら、暴走する夫を暖かく見守る妻を魅力的に演じています。全編イタリアロケの田舎町の牧歌的な風景も雰囲気を盛り上げます。どんでん返しのラストも後味が良く、おすすめ出来る一本です。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2004-10-14 22:51 | 洋画




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧