フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「ブレードランナー」その2

a0037338_2392134.jpg

最近、私がよくおじゃましているakumanoaijinさんのブログ「五十路の恋--とっても猫が好き--」とつっきーさんのブログ「つっきーの徒然草」で「ブレードランナー」が取り上げられていました。
という事で秘蔵のLDを引っ張りだして鑑賞いたしました。やっぱり最高!!
特にルドガー・ハウアー演じるロイ・バディが死んで行く場面は何回見ても落涙してしまいます。
降り続く雨の中、鳩を抱いたままバディは微笑み、そして言います
「人間には信じられないようなものを俺は見て来た。オリオン座の近くで燃える宇宙船。タンホイザー・ゲートの近く、暗闇に輝くCビーム、そんな・・・思い出もやがて消える・・・時が来れば。雨の様に・・・涙の様に。死ぬ・・・時が来た」そして飛び立って行く鳩。やはりSF映画史屈指の名場面ですねー。
a0037338_23105921.jpg

「ブレードランナー」には1982年公開のR指定のアメリカ国内版とバイオレンス場面の含まれる海外配給版、1992年公開の最終版<ディレクターズカット>の3種類があるようです。(その他、アメリカTV公開版というのもあるようです)
我が家にあるのは海外配給版です。3つのバイオレンスシーンがあります。

1.ロイ・バディがタイレル博士を殺す場面。国内版ではバディがタイレルの両目に親指を押し当てるカットのみですが、海外版では親指のクローズアップとタイレルの両目から血が流れるシーンと引き抜かれるバディの指のアップがあります。
2.デッカードとプリスの対決場面で、プリスがデッカードの鼻を引き裂こうとするカット。デッカードがプリスを撃つのも一発多いです。
3.バディがデッカードを追い回す場面。バディが自分の手の甲に釘を刺すところで、釘が貫くところをクローズアップで描写しています。

国内版の方がスマートかも知れませんねー。
a0037338_2310023.jpg

つっきーさんがブログで質問なさっていた国内版と最終版の違いについて少し。
細かいカットの違いは沢山あるのですが、重要な点は三つです。
ひとつはハリソン・フォードの抑揚の無いナレーションが最終版では完全に無くなっています。(一カ所だけ残っていますが) もうひとつはデッカードがピアノをとりとめなく弾く場面に12秒間の一角獣のイメージ映像が挿入されています。三つ目はハッピーエンディングと呼ばれる部分はすべてカットされています。レイチェルとデッカードの前でエレベーターが閉まる場面で映画は唐突に終わります。
国内版ではこの後、車に乗ったデッカードとレイチェルが美しい自然の中を走って行くカットがあり、デッカードのナレーションが入ります。
「ガフはレイチェルを見逃してくれた。寿命は4年間のはずだった。しかしレイチェルは特別だった。俺もレイチェルもいつまで生きるのだろうか? それを誰が知っていようか・・・」
a0037338_23103716.jpg

個人的には最終版よりも国内版の方が好きです。チャンドラーの小説へのオマージュの様なハリソンのやる気の無いナレーションも好きですし、一部では評価の低いハッピーエンディングもいいじゃんか〜という感じです。本格的なSFファンの方々は"デッカードもレプリカントだった"という部分を強調した最終版こそ「プレードランナー」なのだとおっしゃっておりますね。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-05-24 23:14 | 洋画

「ずっとドラゴンが好きだった」

a0037338_23293198.jpg

子供の頃、「エルマーの冒険」という児童小説が大好きでした。このお話は9歳のエルマー・エレベーターという男の子が、どうぶつ島に捕われているりゅうの子供を助けるために旅に出るというお話で「エルマーとりゅう」「エルマーと16匹のりゅう」という続編もあります。繰り返し、繰り返し読んでいた記憶があります。その頃から"りゅう"、怪獣でも怪物でもなく"ドラゴン"に心惹かれておりました。
a0037338_23295276.jpg

1981年にアメリカでディズニー作品の「ドラゴンスレイヤー」が公開されましたが、日本ではとうとう上映されませんでした。1986年にLDが発売される事になり当時早速購入いたしました。
物語の主人公ゲイレンは偉大な老魔法使いウルリクのもと日々修行に励んでいます。ある日、ウルランド王国の村人達がウルリクに助けを求めにやって来ます。王国では近くに住むドラゴンに若い娘を生け贄にささげ続けているのです。この悲劇を終わらすために村人達はウルリクにドラゴン退治を頼みます。渋々ながら頼みを引き受けたウルリクとゲイレンはドラゴン退治の旅に出ます。

この映画のドラゴンはコマ撮りはコマ撮りなんですが、モデルをコンピューター制御のモーターで動かしているため、動きが非常にスムーズです。ただ洞窟の中での動きなので画面が暗く、時間も短いです。
クライマックスでは飛翔シーンもあるのですが、動きが速いため造形が分かりにくいです。でも本格的なドラゴン映画という事でそれなりに満足いたしました。
a0037338_23311115.jpg

私がドラゴン映画の大傑作とお薦めするのは以前も記事にした「ドラゴンハート」でございます。高い知性を持つドラゴン族最後の生き残りドレイコと騎士ボーエンとの交流を描いたこの作品は、ドラゴンを出し惜しみする事無く、お気に入りの場面満載でございます。特に圧政の中立ち上がった農民達を力づけるため馬上のボーエンの背後をドレイコが飛翔するシーンは拍手喝采でした。
a0037338_23302532.jpg

そして2002年に「サラマンダー」が公開されるわけですが、この映画公開の1年以上前から非常に楽しみにしておりました。SF映画を紹介するサイトによると「6500万年前に地上を支配していた恐竜達を食いつくし、冬眠状態に入っていた巨大な竜が現代のロンドンに蘇る。彼らはまたたく間に繁殖し人類に猛威を振るう。彼らには近代兵器も歯が立たない・・・。人類の運命は?」という事でした。戦車や戦闘ヘリも登場するらしく、頭の中では巨大な竜の大群と激突する戦車部隊や戦闘ヘリ部隊の映像が浮かびました。ドラゴン好きの血が沸き立ちました。見たいぞ〜。

一日千秋の思いで待ち続け、公開初日に映画館に足を運びました。映画冒頭でドラゴンの最初の一匹の復活が描かれます。なかなかいいぞー。すると物語は一挙に20年が過ぎ去ります。あれれっ! 一番見たかった映像、 異常な速さで繁殖するドラゴンには軍隊も核兵器も歯が立たず、世界はガレキの山と化し人類は僅かに生き残るだけになってしまったという部分は古新聞の記事で見せるだけです。そりゃ〜無いよ・・・。
途中で戦車部隊が出て来るのですが、オマヌケにも見通しの良い道路を一列縦隊で走行しドラゴンに一瞬で焼き払われてしまいます。クライマックスでは、ドラゴンの雄は一匹だけでそいつを倒せばすべては終わるという事でほとんど一騎打ちの様相となります。

私が勝手に想像で期待し過ぎて、勝手にガッカリしたという事ですが・・・。帰路は足取りが重かったです。あれから大分時間が経過したので一度見直したいと思っています。今見ると感想も違うかもしれませんね。

<おまけ> 15年以上前だと思いますが、ファミコンゲームで「サンサーラ・ナーガ」というゲームがありました。見習い竜使いの少年(少女)が主人公のゲームで、竜を卵から育てて行くというストーリーでハマりました。途中、竜とはぐれてしまうイベントがあって涙の再会したり、クライマックスでは最後のブレスという技で主人公を守ったりと感動のゲームでした。2も発売された様でしたね。
a0037338_23463259.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-05-21 23:35 | 洋画

「暗黒街の二人」

a0037338_1643405.jpg

最近、保護司とか保護監察制度の事をTV等で見聞きします。そこで思い出した映画の話を少し。
1973年公開のフランス、イタリア合作映画、「暗黒街の二人」です。銀行強盗で12年の刑を受け、出所した男ジーノにアラン・ドロン、彼を励まし支える保護司ジェルマン・カズヌールをジャン・ギャバンが演じております。
出所し小さな花屋を営む妻のもとに帰ったジーノは、昔の仲間からの悪事への誘いもはね除け更生の道を歩んで行きます。カズヌールは彼と家族ぐるみで付き合い支えます。しかしジーノを悲劇が襲います。自動車事故で最愛の妻を亡くしてしまうのです。自暴自棄になるジーノですが、やがてカズヌールの勧めで新しい職に就き、新しい彼女も出来ます。再び幸せな日々が戻ってきたと思われたジーノですが、彼の前に一人の男が現れます。10数年前ジーノを逮捕し、彼が再び犯罪に手を染めると思い込む刑事ゴワトローです。ゴワトローはジーノに執拗に付きまとい・・・。そして悲劇がおきます。
刑事ゴワトローを演じるミッシェル・ブーケが秀逸です。憎たらしい仇役を見事に演じております。その憎々しさは「グラディエーター」のホアキン・フェニックスと双璧です。
原題は「街の二人」、邦題はいただけませんね。
a0037338_957536.jpg

ジャン・ギャバンというとやはり「望郷」のペペ・ル・モコが印象的ですね。亡くなった母親がギャバンの大ファンでした。「レ・ミゼラブル」も子供の頃に見て感銘を受けました。
アラン・ドロンもダーバンのCMを初め、「太陽がいっぱい」「冒険者」「ボルサリーノ」「サムライ」等々好きな作品が目白押しですね。その中でも以前取り上げた「レッドサン」同様、チャールズ・ブロンソンと競演した「さらば友よ」はそのうち記事にしたいものです。
a0037338_9572384.gif

ちなみに20年程前、日本語を勉強しているアメリカ人の方々と飲みに行ったおり、冗談で「私は和製アラン・ドロンと呼ばれてるんだ」と言ったところ誰もドロンを知りませんでした。当時日本ではアラン・ドロンと言えば二枚目の代名詞、アメリカでは無名だったのかなー・・・。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-05-14 10:16 | 洋画

「ジョー・ジョンストンってなんか良いね〜」

a0037338_2072190.jpg

ジョー・ジョンストン監督の名前をはっきり記憶したのは、1999年公開の「遠い空の向こうに」でした。映画専門誌であらすじを読んでから公開が楽しみで銀座の映画館まで足を運んで鑑賞し、大変感動した記憶があります。いまでもお気に入りの一本です。主人公のホーマーが全米科学コンテストで優勝し、町に凱旋しロケットを打ち上げる場面での父子の和解のシーンには涙いたしました。
a0037338_2075937.jpg

当時、この感動的な映画の監督はどんな人なんだろうっということで「遠い空の向こうに」のパンフレットに目を通して見ました。
ジョージ・ルーカスのILMで特殊効果のデザイナーとしてスタート。「スター・ウォーズ」の旧3部作では視覚効果の美術監督を務めます。その後「レイダース/失われた聖櫃」では特殊効果としてリチャード・エドランドらとともにアカデミー賞を受賞、「インディー・ジョーンズ/魔宮の伝説」でも美術監督、「ニューヨーク東8番街の奇跡」で第二班監督、「オールウェイズ」では空中特撮のスーパーバイザーを務めそのキャリアを積んで行きます。1989年の「ミクロ・キッズ」で監督デビュー、その後「ロケッティア」「ジュマンジ」でもメガホンを取りヒットさせます。
a0037338_2084263.jpg

「ロケッティア」「ジュマンジ」は残念ながらレンタルでの鑑賞だったのですが、二本とも"これおもしろいじゃん!! 映画館で見れば良かった"と後悔した作品です。彼の作品のキーワードは月並みの言い方かもしれませんが「空への憧れ」と「親と子の絆」でしょうか。「ロケッティア」では空を飛行することの爽快感が、「ジュマンジ」では父と子の誤解と和解が描かれ、「遠い空の向こうに」ではその両方が重要なテーマでした。
a0037338_209186.jpg

そして忘れてならないのは超お気に入り「アイアンジャイアント」のロボットのデザインです。「地球の静止する日」などのレトロなSF映画へのオマージュが込められたナイスなデザインでした。この映画の時代設定は人類初の人工衛星スプートニクが飛んだ1957年、「遠い空の向こうに」と同じです。
彼の映画には善意の人々がたくさん出て来ます。ラストが清々しいハッピーエンドのところもお気に入りです。「ジュラシック・パーク3」も彼の作品ということで期待して劇場に行ったのですが、ちょっと期待はずれでした。残念!! 次回作頑張って下さいね。
a0037338_2095191.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-05-08 21:46 | その他

「皇帝ペンギン」

a0037338_14365350.jpg

七月に「皇帝ペンギン」というフランスの記録映画が公開されるそうです。一月に公開されたフランスでは「WATARIDORI」「ディープ・ブルー」を越える大ヒットだったということで、これ見たいなー。
a0037338_14355141.jpg

3億5000万年前の氷で覆われた南極大陸、マイナス40℃。時速250kmのブリザードの中、120日間絶食して子供を育てる、皇帝ペンギンの物語。ということで予告編を見た所、皇帝ペンギンの赤ちゃんが歩く姿が非常に可愛いです。
a0037338_1436129.jpg

CINEMA TOPICS ONLINEによると「フランスを代表する豪華俳優陣の競演、作品の感動を高めるナレーションを担当しているのは『伴奏者』のロマーヌ・ボーランジェ、『リディキュール』のシャルル・ベルリング『ぼくセザール10歳半1m39cm』のジュール・シトリュックというフランス映画界を代表する顔ぶれ。母ペンギン、父ペンギン、子ペンギンの心の声として語られる彼らの言葉は、歌うように美しい戦慄を帯び、数々の奇蹟の瞬間を捉えた映像にボエティックな趣を与えている」という事なのですが、日本語版制作の際は話題作りに走ることなく慎重に声優さんを選んで欲しいものです。
a0037338_14363340.jpg

詳細は CINEMA TOPICS ONLINE
a0037338_18534319.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-05-01 14:42 | 洋画




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧