フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「男たちの旅路」ー吉岡指令補はかっこいいぞ!!ー

a0037338_06713.jpg

鶴田浩二というと任侠映画を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、私にとってはNHKの土曜ドラマとして昭和51年から57年の間に13回(全四部+スペシャル)放映された「男たちの旅路」です。大好きでございました。

警備会社を舞台に、特攻隊帰りの戦中派、吉岡晋太郎(鶴田浩二)と戦後生まれの若い警備員との交流を軸としてドラマは進みます。「俺は今の若いやつらが嫌いだ」が口癖で終戦後は余生と言い切る吉岡を、自身も特攻隊経験を持つ鶴田が生き生きと魅力的に演じております。一方、吉岡とぶつかりながら成長していく若い警備員達を、水谷豊(一部〜四部の1話)、桃井かおり(一部〜三部)、森田健作(一部)、柴俊夫(二部〜四部)、清水健太郎(四部)、岸本加世子(四部)、五十嵐じゅん子(一部・二部)らが演じます。

a0037338_2112348.jpg
このドラマの一番の魅力は当然、鶴田浩二演じる警備会社の指令補、吉岡晋太郎のキャラクターです。散って行った戦友の事を思い独身を通し、六畳一間のボロアパート住まい。新人警備員の研修では腕に自信のある若者を本気で叩きのめし「君たちは弱いんだ、弱いという事を自覚して勤務に望まないと怪我をする」などと説教します。今なら大問題ですよね。 考えてみると吉岡が色んな人に説教する場面がこのドラマの一つの見所かもしれません。(笑) 私も鶴田浩二に是非お説教されてみたいです。

ゲストも豪華で、第二部3話「釧路まで」ではフェリーの船長に田崎潤、、爆弾犯に長塚京三、第三部1話「シルバーシート」では老人ホームの老人役に志村喬笠智衆藤原鎌足殿山泰司加藤嘉のシルバーオールスターズ、第三部2話「墓場の島」では歌手役に根津甚八、そのマネージャーで吉岡の元戦友役に高松英郎、第四部3話「車輪の一歩」では車イスの障害者役に京本政樹斉藤洋介古尾谷雅人斉藤とも子、スペシャル「戦場は遥かになりて」では元戦友役にハナ肇。そうそうたるメンバーですね。書き出して見て改めてびっくりしました。

その他、吉岡の元上官で警備会社の社長役に池部良、同僚役に中条静夫橋爪功前田吟ら芸達者が名を連ねております。

戦中派の吉岡にことごとく反発し、やがてはお互いを認め合っていく若い警備士、杉本陽平を水谷豊が演じております。言葉使いを知らず、いい加減でいつも猫背でポケットに手を突込み、文句ばかり言っている杉本はまさに水谷のハマり役でございます。「傷だらけの天使」の延長線の役柄ですね。

そしてもう一人、飛び降り自殺を警備中の吉岡に止められ、そのまま警備士となる島津悦子を桃井かおり姉さんが演じておりますが、この人やはり抜群に上手いです。自分のストライクゾーンの役柄になると鳥肌立つほどの芝居をしますねぇ〜。第三部では吉岡との悲恋が描かれます。必見です。(笑)

a0037338_21125937.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-11-18 00:06 | TV映画

「コープス・ブライド」

a0037338_2124134.jpg

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」から12年、公開を心待ちにしていた「コープス・ブライド」を強襲してまいりました。ジョニー・ディップ、ヘレン・ボナム=カーターが吹き替えという事で、当然字幕スーパー版を選択しました。なかなか二人ともハマり役でしたね。

見終わった感想ですが、いろいろな意味で綺麗にまとまっていたな〜という事。満足はしたのですが、「ナイト〜」の時のおもちゃ箱をひっくり返したような良い意味の乱雑さ、力強さは感じられませんでした。あれもやりたい、これも入れたいといったティム・バートン監督の子供心に溢れた「ナイト〜」に比べてちょっとこじんまりしちゃったかなという感じでした。

映像は綺麗ですし、コープス・ブライドは魅力的でございました。一番好きな場面は主人公のビクターと彼女がピアノの連弾をするところ。喧嘩した二人の心が通っていくシーンです。パンフによると、観賞時は気づかなかったのですが「HARRYHAUSEN」というブランド名がピアノの内側に書かれていたそうです。本作撮影中に監督の尊敬するハリーハウゼン氏がスタジオに遊びに来てくれた事を記念して書いたそうです。

「ジャイアント・ピーチ」は私にとってはハズレでしたが、「コープス・ブライド」はやや物足りないところもあったものの、お勧めの一本となりました。ビクターの愛犬のスクラップスもとってもキュートです。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2005-11-02 21:23 | 洋画




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧