フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「実相寺昭雄監督の訃報」

a0037338_2243499.jpg

「最近TV-CMでも使われた、モロボシ・ダンとメトロン星人とが「ちゃぶ台」を挟んで会話する『ウルトラセブン』でのシュールな名シーンなど、数多くのウルトラ・シリーズに関わり、また大ヒットした『帝都物語』などの劇場映画も手がけた、映画監督の実相寺昭雄が 11月29日の深夜、死去しました。享年69歳。
 実相寺昭雄は、1959年にTBSへ入社後、『ウルトラマン』『ウルトラセブン』『怪奇大作戦』などの特撮番組にて演出家として参加。その後、劇場作品も手がけるようになり、エロティシズムをテーマにした作品や、ベストセラー小説を原作とした『帝都物語』『姑獲鳥の夏』などを発表。また監修として『いかレスラー』『日本以外全部沈没』などにも関わるなど、さまざまな顔を持って作品に関わり続ける、日本が誇る異形の巨匠として知られていました。なお、12月23日からは、総監修と監督(第1話のみ)を手がけた『シルバー仮面』のリメイク版『シルバー假面』が公開される予定となっていました。
 奇抜な構図や照明を駆使する独自のスタイルがファンを魅了した巨匠の作品は、いつまでも私たちの心に残り続けることでしょう。心よりご冥福をお祈りします」MIXIニュースより転記
a0037338_22433055.jpg

先日、私の大好きな映画「M★A★S★H」のアルトマン監督がお亡くなりになったばかりというのに、また映画監督の訃報です。私の人格形成に大きな影響を与えたTV番組のひとつである「ウルトラマン」。後年その中の大好きなエピソードの多くが実相寺昭雄氏の演出である事を知りました。「恐怖の宇宙線(ガヴァドン)」「故郷は地球(ジャミラ)」「怪獣墓場(シーボーズ)」「空の贈り物(スカイドン)」など、コミカルで、ペーソスを含む演出は今見直しても大人の観賞に耐えます。「ウルトラセブン」のメトロン星人のエピソードも特撮ファンには後々まで語りぐさになりました。ご冥福をお祈りいたします。
a0037338_2245045.jpg

今度の休日には「M★A★S★H」のDVDを観賞する予定でしたが、「ウルトラマン」も見なければなりますまい。

*以前書いた「ウルトラマン」関連の記事は【こちら】
[PR]
by samurai-kyousuke | 2006-11-30 22:46 | 邦画

「寝ずの番」

a0037338_2312360.jpg

「見せましょう!! こんな、おそ○で良かったら」という事で、今回はDVD観賞で爆笑した「寝ずの番」について少し。原作は中島らも、監督はマキノ雅彦(津川雅彦)。キャッチは「バチが当たるほど面白い」でしたが、そんな感じでした。(笑)
a0037338_23122429.jpg

プロローグのエピソードが爆笑でございます。

臨終間際の上方落語界の重鎮・笑満亭橋鶴(長門裕之)の耳元で彼の一番弟子・橋次(笹野高史)が問います。「師匠、何か心残りはありませんか?最期に、これはやっておきたかったということはありませんか?」橋鶴がつぶやきます。「そ、そ○が見たい」ざわめく橋太(中井貴一)ら弟子たち。

橋次「お前、ちょっと家へ帰って、嫁さんを説得してこい」
橋太「あの、なんですか。うちの女房にそのう、師匠におそ○を見せろと言うんですか?」渋々ながら承諾し家へ帰り嫁の茂子(木村佳乃)を説得する橋太。
橋太「頼む、この通りや〜、茂子」
茂子「どうして、志津子ねえさん(橋鶴の奥さん・富司純子)のを見せてあげへんのよ?」
橋太「あの人はばばあやぞ。師匠かて、いまわの際にそんな婆さんのもの見たくないに決まってるやないか。 お前みたいな美人のおそ○が見たいのは当たり前やろ!お前みたいな美人のおそ○ やないと、あかんのや!」美人という言葉に反応する茂子。
茂子「わかったわ。あたしかてこう見えて咄家の女房よ。師匠のご臨終に恥ずかしいもへたたもないわ。見せましょう、こんなおそ○で良かったら」

病室に到着した茂子。
茂子「ほな師匠、いきますよ」鶴橋の顔の上に股がり、するするとスカートを持ち上げます。茂子の股間を凝視する師匠。役目を終え充実した表情でベッドを降りる茂子。
橋次「どうでした、師匠、そ○をお見せしましたが」すると師匠は悲しげな顔で首を振ります。
橋鶴「……アホウ!そ○やない。そとが見たいというたんや……」
橋次「……そと……!」
橋太「外!……」
茂子「……」その3分後に師匠は亡くなります。
a0037338_23124312.jpg

この後も「死人のカンカン踊り」を始めとして、「俺の初体験の相手はエイだった」とか、爆笑エピソードが続きます。クライマックスは堺正章も登場しての下ネタ歌合戦です。
「ちん○、ちん○と、えばるな、ちん○、ちん○、まん○の・・・」と言う様な唄を登場人物達が歌いまくります。いいのかぁ〜、それで・・・、という映画です。興味ある方、ご覧下さい。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2006-11-08 23:13 | 邦画

「Flyboys」

a0037338_2192725.jpg

アメリカで「Flyboys」という映画が公開されたらしいです。予告編を覗いてみたら、なかなか良いではありませんか。飛行機好き親爺の血がたぎりました。

アメリカ参戦前の第一次世界大戦を舞台に、フランス軍に所属して戦ったアメリカのラファイエット飛行中隊のパイロット達の奮戦を描いた映画らしいです。複葉機や飛行船の空中戦が堪能できそうです。
監督は「マイ・ボディーガード」のトニー・ビル、出演には「スパイダーマン」のジェームズ・フランコ、ジャン・レノの名前があります。
日本での公開はいつなのでしょうか? 非常に楽しみでございます。
予告編はこちら
a0037338_2194699.jpg
a0037338_2110340.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2006-11-08 21:10 | 洋画

「ガメラ -小さき勇者たち- 」

a0037338_101423100.jpg

DVDで観賞いたしました。ストーリーにもうひと工夫欲しいなぁ〜とも思いましたが、主役の男の子と女の子も可愛いし、私の好きな奥貫薫さんも見られるし、及第点ではないでしょうか。
ガメラ(トト)の造形は、着ぐるみ感120%、お目々ぱっちりでちょっと可愛過ぎですが、戦う姿が健気で良いです。敵役の怪獣ジータスはハリウッド版ゴジラにトゲトゲ付けた様ですね。出来れば、日本版ゴジラに襟巻き付けたジラース(ウルトラマンに登場した怪獣)と戦わせかったです。(笑)

クライマックス、子供達が「トトに!!」を合い言葉に"赤い石"をリレー形式でガメラに届けるくだりは公開当時ずいぶん叩かれてました。「なんで子供達がトトって名前知ってんだ?」とか、「見ず知らずの子供があんな危険おかすかよ!」と言う記事を見ましたが、皆さん見方が甘いです。あれは"赤い石"から『勇気のある良い子』つまり『小さき勇者たち』だけが感じとれる「この石をガメラ(トト)に届けて!!」というメッセージが出てるんですなぁ〜。そう勝手に解釈して目頭がちよっと・・・。(笑)

ちなみにsamurai的突込みどころとしては、自衛隊もうちょっと活躍しろよと思いましたねぇ〜。ジータスを簡単に上陸させちゃうし、戦車は出てこねーし、殺獣メーサー光線車ぐらいだせよ!!!
a0037338_10144041.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2006-11-04 10:15 | 邦画




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧