フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「Star in You」

a0037338_20583246.jpg

私がちょくちょくお邪魔させて頂いている「ルナのシネマ缶」のルナさんが「Stars in You」というサイトを紹介していました。
このサイトは自分の顔写真をアップロードすると似ているハリウッドスターを探してくれると言うものです。面白そうなので早速やってみました。

手順は簡単です。
1.右の方の「Get your celebrity match now!」の参照をクリックし写真をアップします。
2.Male(男性)かFemale(女性)か選択します。
3.「Star Match」をクリックします。
4.あとは待つだけです。混んでる時はけっこう時間がかかる様です。


ズラズラっと何人ものスターの顔写真が並ぶのですが、けっこう知らない人もいますね〜。有名どころはこの3人でした。

トム・サイズモア、ウエズリー・スナイブス、クリストファー・ロイド

う〜ん、微妙です。下の方に、レオナルド・ディカプリオとヘイデン・クリステンセンの写真もあったのですが、どう逆さに見ても似てないので自主規制いたしました。(笑)
a0037338_20553822.jpg

a0037338_20555919.jpg

a0037338_20561792.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2007-07-29 20:56 | その他

「野獣暁に死す」

a0037338_21234971.jpg

仲代達也が極悪非道の悪党を演じた1968年公開のマカロニウエスタン「野獣暁に死す」のDVDを観賞いたしました。こんなマイナーな映画までDVDになるなんて良い時代になりましたなぁ〜。大昔、東京12チャンネルの洋画劇場で観て以来でしょうか。当時ちょっとお気に入りでした。(笑)

[ストーリー(ネタバレ有り)]
無実の罪で投獄されたビル・カイオワ(モンゴメリー・フォード)は、恋人を殺し彼を罠にはめた幼なじみエル・フェゴー(仲代達也)への復讐だけを胸に、模範囚として5年の刑期を終えます。極悪非道の強盗団の首領としてメキシコ国境を荒し回るフェゴーを倒すため、次々と腕利きのガンマンを雇い入れるビル。彼の元に怪力の大男オバニオンをはじめ、ランダル銃の使い手ミルトン、ナイフ使いのモラン、二挺拳銃のフォックスらが集います。フェゴー一味を追跡し手下を倒していくビル達。一度はフェゴーの逆襲にあい、オバニオンと共に捕まってしまうビルですが、仲間達の活躍で辛くも脱出します。逃げるビル達を追撃するフェゴー一味。ビルは深い森の中にフェゴーを誘い込みゲリラ戦を挑みます。一人また一人と倒されていくフェゴーの手下達。そして暁の森の中で一人になったフェゴーと対峙するビル、果たして彼の復讐は果たせるのか・・・。

a0037338_1253980.jpg

「5000払う、仕事が終わったらもう5000だ」の台詞だけでサクサクと集まっていくガンマン達、一人集まるたびに横並びで馬を走らせるカットが映り、ほのぼのとした曲が流れます。全員揃ったところは「荒野の7人」のポスターの様です。5人ですが。(笑)
クライマックスの銃撃戦も、狙いは良いのですが、いまひとつ緊張感も爽快感もありません。緩いです。緩過ぎます。記憶では面白かったはずなのに・・・。(苦笑)
ラストシーン、ビルと仲間達の間に強い連帯感と熱い友情がいつのまにか生まれているところはご愛嬌です。きっとカメラの回っていなかったところで、彼らの心が通い合う数々のエピソードが有ったに違いありません。(笑)

では見所はと言うとズバリ、仲代達也先生のニヒルな笑顔を堪能いたしましょう。なぜかナタの様な刀を持っております。主人公を睨みつけ「ビル・・・カイオワ〜」と呟きニヤリと笑うシーンは圧巻です。

次は丹波哲郎さんの「五人の軍隊」を観ようかなぁ〜。
a0037338_21242843.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2007-07-26 21:24 | 洋画

「どろろ」

a0037338_8365058.jpg

「どろろ」をDVD観賞いたしました。
漫画誌の連載をリアルタイムで読み、百鬼丸とどろろの活躍に胸躍らせた世代としては、妻夫木&柴崎で映画化のニュースを聴いた時には正直????という感じでした。ちょっと違うんじゃねぇ〜のと。
劇場に足を運ぶ事も無く、まぁそのうちDVDで観ればいいかなぁとスルーしておりました。

という事で感想なんですが、これが良いんですよ。とくに違和感ありだった主役のお二人、妻夫木聡君と柴咲コウさんに謝罪するとともにアッパレを差し上げたい。(笑)

a0037338_9202767.jpg
柴崎コウさんはTV、映画を通じて今まで作品をまともに観た事無かったんですが、上手いですね。映画冒頭の「あなたのお名前なんて〜の♪」あたりはまだ半信半疑でしたが、物語が進むにしたがって、戦乱の落とし子"どろろ"として、走り、飛び、叫び、笑い、そして泣く。魅了されました。アニメの吹き替えみたいな台詞回しもハマっておりましたね。

キャストも原田「あずみ」芳雄、中井「陰陽師」貴一、中村嘉葎雄、原田美枝子など芸達者を無難に配置しております。登場する魔物もあえてチープな感じにして、逆に安物感を払拭しております。確信犯ですね。(笑)
ニュージーランドで撮影したロケーション、音楽もいい雰囲気でした。

未見の方は騙されたと思ってご覧下さい。「騙された〜!」という苦情は受け付けませんが。(笑)
a0037338_9215514.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2007-07-26 08:37 | 邦画

「通勤に欲しいぜ!! ランキング」

samuraiは現在、自転車とオートバイで通勤しております。雨の時はバスと電車の乗り継ぎです。
先日、バスの中で妄想したのが以下の記事でございます。くだらないです。(笑)

<映画に登場する乗り物> 通勤に欲しいぜ!! ランキングの発表でございます。
a0037338_1155065.jpg

第一位 スピナー (「ブレードランナー」)
やっぱりスピナーですね。飛ぶしねぇ〜。それも垂直に。デザインもなんといってもシド・ミードだし。
当然、屋台に寄り道して注文します。
「4つくれ」
「2つで充分ですよ。わかってくださいよ〜」
「いや4つだ。うどんもくれ」
ちなみにデッカードはいったい何を4つ注文したのでしょう? 謎でございます。
a0037338_0214024.jpg

第二位 タチコマ (「攻殻機動隊」)
思考戦車タチコマもいいですね。話し相手になるし、壁は走るし。なんといっても軍事衛星なんかともリンクしてるのでカーナビいらずです。(笑) ただ駐車しとくと勝手にどっか行ったりしそうで心配です。
当然、乗る度に天然オイルをご褒美にあげます。きっと自己犠牲の精神も身につけ、私がピンチに陥った時には仲間とともに駆けつけてくれるはずです。
a0037338_23122678.jpg

第三位 白熊戦車 (「ナルニア国物語」)
派手さで言ったらこれの右に出るものは無いでしょうね。カウンタックだろうが、ポルシェだろうが、10トンダンプだろうが、電光石火で道を開ける事でしょう。しかし通行人をおそっちゃったりしたら補償問題が発生しそうだし、だいたい駐車場におけないし・・・。(笑) そう言えば、彼らの一ヶ月の食費はいくらかかるのでしょうか??? 維持費莫大・・・。
a0037338_23384984.jpg

第四位 スピーダーバイク (「スターウォーズ -ジェダイの帰還-」)
これもいいですね〜。スピーダーバイク。渋滞おかまいなくビュンビュン行けそうです。進路変更違反で捕まる事必至ですが。何と言ってもタイヤ減らないし、って言うか無いし。私の愛車kawasaki250TRはまもなくタイヤ交換です。(笑)
a0037338_9472795.jpg

第五位 AKIRA'S BIKE (「AKIRA」)
実現の可能性があるのはコレでしょうか、最近どんどんカッコ良くなるビッグスクーターを見る度に、おおっもうすぐだなぁ〜とほくそ笑んでおります。発売されたらジジイになっていても乗ってみたいです。
当然原作の金田のいでたち、革ジャン、皮パンツ、メットもグローブ、ブーツまで真っ赤っかで決めますね。周囲からは、あの爺さん頭は大丈夫か?と噂される事でしょう。望むところです。(笑)
a0037338_19482821.jpg

番外 デロリアン (「バック・トゥ・ザ・フューチャー」)
ある意味、一番欲しいのはコレかもしれません。何と言ってもコレさえ手に入れば遅刻知らずです。朝の「もう30分でいい、30分だけ寝かせてくれぇ〜」と言う切実な願いが実現するのです。時空を越えた出勤が手に入るのです。欲しい、欲しいです。(笑)
と言うかコレ手に入ったら仕事辞めますが・・・。

PART2に続くかもしれません。
a0037338_20263021.jpg
a0037338_20265671.jpg
a0037338_20272066.jpg
a0037338_2032189.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2007-07-14 11:55 | 洋画

「押し入れの中から懐かしいEP盤が -その3-」

「押し入れの中から懐かしいEP盤が -その2-」からはや2年・・・。月日の経つのは速いものです。
少年老い易く学なりがたし、隣の客はよく柿食う客だという事でやって参りました。第3弾でございます。

今回は「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」公開記念、マカロニウエスタン特集です。子供の頃、TVの洋画劇場で観たマカロニウエスタンの数々、大好きでございました。クリント・イーストウッド、フランコ・ネロ、ジュリアーノ・ジェンマのマカロニ三羽がらすの派手なガンアクションに魅了されました。そうそうリー・ヴァン・クリーフも印象的でしたね。
a0037338_026563.jpg

「続 荒野の用心棒」(1966年) 監督:セルジオ・コルブッチ、主演:フランコ・ネロ
「ジャンゴ〜、なんたらかんた〜ら♪、ジャンゴ、なんちゃらかんちゃ〜ら♪・・・」歌が抜群にかっちょいいです。オープニング、この歌にのり棺桶を引きずって登場する主人公ジャンゴ、わくわくいたしました。陽気でちょっとお茶目なイーストウッドに比べて、ハンサムなフランコ・ネロはちょっと暗い感じでしたね。影のあるクールな魅力でした。ラストの両手を潰されたジャンゴと悪漢一味との対決シーンにもハラハラしました。映画としても良く出来てましたね。
A面にオープニングの歌が収録されております。渋いです。
a0037338_0271848.jpg

「続 夕陽のガンマン」(1966年) 監督:セルジオ・レオーネ、主演:クリント・イーストウッド
原題の「THE GOOD,THE BAD AND THE UGLY」良い奴、悪い奴、汚い奴の方がピンと来ますね〜。クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォーラックの3人がそれぞれのハマり役をイキイキと演じ、私的にはマカロニウエスタンNO.1映画です。ラストの三すくみの対決シーンは魅せますね〜。エンニオ・モリコーネの手によるテーマも秀逸で「ピロピロピー♪、ピ〜ピ〜ピ〜♪ピロピロピー♪、ピ〜ピ〜ピ〜♪」(?)という旋律は頭に残ります。
a0037338_027379.jpg

「荒野の1ドル銀貨」(1965年)監督:ジョルジョ・ステガーニ、主演:ジュリアーノ・ジェンマ
A面はフランコ・ネロの「真昼の用心棒」が収録されていますが、映画の記憶がいま一つです。悪役が鞭使いだった様な気がします。(笑)
B面の「荒野の1ドル銀貨」ですが、主演のジュリアーノ・ジェンマは爽やかな笑顔で女性ファンが多かったですね。元器械体操の選手だったそうで運動神経抜群、アクロバティックなアクションも魅力でした。ジェンマというと私的にはリー・ヴァン・クリーフと共演した「怒りの荒野」がお気に入りです。
余談ですが、私ぐらいの年代だと原付バイクの「ジェンマ」も記憶に残っております。確かCMにはご本人も出演していたような記憶があります。
a0037338_0275673.jpg

最後は4曲収録されたお徳用です。
1.『さすらいの口笛』「荒野の用心棒」エンニオ・モリコーネ楽団
2.『夕陽のガンマン』「夕陽のガンマン」エンニオ・モリコーネ楽団
3.『アリゾナ・コルト』「南から来た用心棒」歌:ラオール
4.『さすらいのジャンゴ』「続 荒野の用心棒」ルチアーノ・パガーノ楽団
『さすらいの口笛』は名曲ですよね。思わず口笛で吹いてしまいます。コーラスや、打楽器の入りも非常に効果的で格好いい曲ですね。最後の『さすらいのジャンゴ』はサントラじゃないのですが、スナックのチークタイムにかかりそうなムーディーな編曲で台無しです。がっかりだよ〜。

「過去記事はこちら」
「押し入れの中から懐かしいEP盤が」
「押し入れの中から懐かしいEP盤が-その2-」
[PR]
by samurai-kyousuke | 2007-07-06 00:28 | その他




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧