フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「ライラの冒険 -黄金の羅針盤-」

a0037338_2364961.jpg

試写会に行ってまいりました。考えてみると「スキヤキウエスタン・ジャンゴ」から映画館に行ってませんでした。劇場通いを初めてから最長の空白かもしれません。

さて「ライラの冒険」ですが、予告編で女の子を背中に乗せ雪原を疾走する白熊を観て以来ずっと楽しみにしておりました。そう言えば「ナルニア国物語」にも白熊戦車が登場しましたね。白熊好きです。(笑)
a0037338_237957.jpg

今回残念ながら日本語吹き替え版だったんですが、正直言ってTVでちょこっと観た山口智子さんのニコール・キッドマンは少々不安でした。どうもイメージが違うんですよね〜。映画の前半はやっぱり違和感有りでした。後半には慣れましたが。しかしキッドマンは綺麗ですね。美しきダースベイダーと言ったところでしょうか。
よろい熊のイオレク・バーニソンの吹き替えを緒形拳さんが当てておりましたが、オリジナルはイアン・マッケラン。そっちが聞きたかったですね。DVDの楽しみにしておきます。

さすがにCG映像に目が肥えてしまった昨今ですから、目新しいショットは有りません。

ただダイモン(この世界の人間の分身)と呼ばれる動物たちのCGは本当に自然でした。まったく違和感が無く、本物の動物が人間の俳優と絡んでいる様でした。パンフレットを読むと犬のダイモンは本物だったそうですが、見分けが付きませんでしたよ。
a0037338_2372497.jpg

そして飛行船、外輪船、よろい熊、気球等、samurai心を刺激するアイテムの数々はなかなか良かったなぁ〜。俳優さんではサム・エリオットがお得意の役柄で目立っておりました。ガンさばきが様になっちょりますね。う〜ん、カッコイイ。主役の女の子ライラを演じたダコタ・ブルー・リチャーズちゃんもなかなかの存在感。先輩天才子役ダコタ・ファニングちゃんとのWダコタ共演も近いかもしれません。(笑)
a0037338_2374213.jpg

クライマックスの戦いがちょっと地味なのが残念ですが、はじめに原作有りきなのでしかた無しです。続編に期待いたしましょう。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-02-23 08:54 | 洋画

「出撃いたします」

a0037338_7321346.jpg

「ライラ、ライ、ライラ、ライ〜♪ 試写会行ってエクササ〜イズ♪」と言う事で、試写会が当たったので出撃いたします。攻撃目標は「ライラの冒険」。日本語吹き替え版というところが残念ですが、我慢します。ただなので・・・。(笑)
a0037338_7411364.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-02-22 07:39 | 洋画

「キサラギ」 -ネタバレ無し-

a0037338_156285.jpg

あちこちで面白いという評判は耳にしていたのですが、劇場での観賞はスルーになっていました。
DVDで遅ればせながら捕獲、噂に違わぬ面白さで、非常に楽しめました。

焼身自殺した超マイナーアイドル、如月ミキの一周忌。あるビルの一室に「如月ミキ追悼会」を名目に5人の男たちが集まります。彼らは彼女の応援サイトの常連で、お互いに面識は無く、分かっているのはハンドルネームだけです。
メンバーは、
家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出俊介)、安男(塚地武雄)、イチゴ娘(香川照之)の5人。
家元の所有する如月ユキコレクションの数々を見ながら、和気あいあい思い出話で盛り上がります。
しかし、一人のメンバーの「彼女は自殺したんじゃない。殺されたんだ!!」発言をきっかけに、追悼会は犯人探しの場へと変貌します。そして「犯人はお前だ!!!!」ええ〜!っと、謎解きは新たな謎を呼び、二転三転しながら核心へと近付いて行きます。笑って笑って、そして観終わった時には、暖かい感動が・・・。(笑)


密室劇で、出演者もほとんど5人だけ。芸達者たちの熱演と練りに練られた脚本で、最後まで飽きさせません。香川照之さんは、「SUKIYAKI WESTAN」に続いての怪演です。ラストに如月ミキさんの歌が流れますが、お約束通りの下手さ加減に脱力しながら笑えます。
脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞を受賞した古沢良太、監督は『シムソンズ』の佐藤祐市です。

一人でじっくり観るも良し、何人かで突込みつつ観るも良し、お勧めの一本です。
a0037338_15104251.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-02-04 14:24 | 邦画

「プレステージ」ネタバレ警報発令中!!!

a0037338_752251.jpg

「この映画をDVDで観賞予定の方は決して読まないで下さい」(笑)

映画のキャッチは「この映画の結末は誰にも話さないで下さい」でしたね。
いゃあ〜、伏線を確認するために2日に渡って2回観ちゃいましたよ。ヒュー・(ウルヴァリン)・ジャックマンとクリスチャン・(バットマン)・ベールのマジック対決。なかなか良く出来た映画でした。酷評している人もおりますが、私は好きです。舞台が19世紀末のロンドンというところも良いですね。

結論から言うとこの映画を好きになれるかどうかは、ドラえもんがポケットから出しそうな「瞬間物質コピー機〜! 」の登場を許せるかどうかなんじゃないかと思います。私的には最初たくさんのシルクハットと二匹の黒猫見た時に「ああ、これは詐欺だな。金をだまし取る魂胆か」と。(笑)
恥ずかしながらわたくし、デヴィット・ボウイが出てる事を知らなくて、映画が終わってCASTのロールのところで初めて「ええ〜、テスラ博士ってボウイだったの!! 」と映画のネタ以上にびっくり。当然デヴィット・ボウイだと知っていれば詐欺だなんて思いませんよ。ヤツなら「瞬間物資コピー機」ぐらい作るだろうと思いますよ。(笑)
原作は世界幻想文学大賞受賞という事ですから、奇想天外なマシンぐらい登場しますよね。本も機会があれば読んでみたいです。

映画自体は時間軸をいったり来たり、伏線をアチコチに張りながら、最後にああそうだったのかと思わせる展開です。ただ、途中で「ちょっと、ちょっと、ちょっと〜」とネタバレしちゃうのが残念ですが、観終わると小鳥のマジックが重要なテーマになってるのが粋でした。マイケル・ケインを重要な役に持ってきたのも良かったですね。

映画観た方に是非教えて頂きたい事があります。
最初の方にマイケル・ケインが裁判官に水槽の脱出の種明かしをするシーンがあって、
「水中で手首のロープを外す。
 水槽上部の小さな隠し扉を開ける。
 手を外に出してマジック用の南京錠を外し水槽の蓋を開ける。
 アンジャーが死んだ時は、南京錠が本物に変えられていた。」
だったと記憶しています。
と言う事はですよ。アンジャーの妻が溺れた時はマジック用の南京錠なので、水槽の外にいる人は鍵を外して蓋を開けられるわけですよね。アンジャーの妻は手首のロープを解けなかったので、隠し扉から手を外に出す事が出来なかった。じゃあ、なんで斧で水槽のガラスを一生懸命割ろうとするのよ。う〜ん、謎です。どなたか教えて下さい。

 
[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-02-02 08:58 | 洋画




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧