フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「公開目前! 楽しみな映画たち -洋画編-」

a0037338_850592.jpg

「ハハハッ、ワッハハハ、ハハ、ゲホゲホッ。むせた。ジェイ君、見たまえ洋画編だぞ。私はやるときはやる男なんだよ。」
「はいはい、
『La Dolce vita』のGloriaさんのリクエストで書いたんですね。本当は書く気なかったんじゃないんですか」
「ジェイ君、まったく君はズバズバと核心を突いてくるね。いやいやまあその〜それは半分正解、半分間違いだな。書きたい気持はありありだったんだ。Gloriaさんに背中を押して頂いたんだよ。ありがたいね〜」
「例によって偏ったランキングは付けるんですか」
「当たり前じゃないか。偏っていいんだよ。軸がぶれないと言う事が大事なんだよ」
「はあ・・・。言ってる意味がわかりませんけど」
「まあ猫には分からんだろうね。一位と二位は以前書いた
「ヘルボーイ2」「アイアンマン」で決まりだな。ではいくぞ〜」
「猫を馬鹿にすると噛みますよ。しかし、いくら夏だからといっても髪の毛短か過ぎないですか」

a0037338_23132324.jpg

第三位「ハムナプトラ3」
ブレンダン・フレイザー主演のお馴染みのシリーズの第三弾です。このシリーズ何気にお気に入りです。レイチェル・ワイズが降板しちゃったのは非常に残念。今回は中国が舞台でジェット・リーが登場だそうですね。オデッド・フェール演ずる戦う鷹匠?アーデスは出ないのかなぁ〜。
「ハムナプトラ3」公式サイトは【こちら】
a0037338_20155518.jpg

第四位「スターシップ・トゥルーパーズ3」
ついに、ついに元祖人型決戦兵器がスクリーンに登場します。思い起こせば1作目の「スターシップ・トゥルーパーズ」が公開された時「パワードスーツ出ねぇの〜、そんなの"宇宙の戦士"じゃね〜じゃんかよ」と憤慨してから10数年の月日が流れてしまいました。今回はパワードスーツ・マローダーが登場し、1作目の主人公ジョニー・リコも出演するそうです。残念な点はパワードスーツのデザインがお馴染みのスタジオぬえのヤツとは似ても似つかない点とデニス・リチャーズが出ないとこですね。
「スターシップ・トゥルーパーズ3」公式サイトは【こちら】
a0037338_18563885.jpg

第五位「ハプニング」
「シックス・センス」=「90点。M.N.シャマラン監督はいいぞ〜。この映画絶対お勧めだよ」
「アンブレイカブル」=「70点。まあまあだぞ。俺は好き。アメコミヒーロー好きならいいんじゃねえの」
「サイン」=「60点。いろんな見方はあるだろうけど、低予算SF映画へのオマージュだな。レンタルでいいんじゃないの」
「ヴィレッジ」=「55点。え〜と〜、星新一のショートショートとか好きか? なら観れば」
「レディ・イン・ザ・ウォーター」=「え、内容? 知らない。観てない」
と、一度は見限ったシャマラン監督でございますが、夢よもう一度と言うことでちょっと気になっております。え、どうせがっかりするだけですか。まあ、毒を喰わらば何とやら。劇場に出撃します。
ちなみに友人に「知ってるか?『アクシデント』っちゅうシャマランの監督作品が公開されるぞ」といきなり間違ったのは私です。(笑)
「ハプニング」公式サイトは【こちら】
a0037338_2022981.jpg

第六位「スターウォーズ・クローンウォーズ」
予告編観ましたけど、あのテーマ曲が流れ、宇宙船の飛翔音、ライトセーバーの稼働音など数々の効果音が聞えて来るとそれだけで胸がいっぱいに。(笑)
初期三部作に心をがっしり掴まれてしまってから30年、やっぱり行くしかないですね。デフォルメされたCGのキャラクターがそれぞれ微妙に似てるところが笑えます。
「スターウォーズ/クローン・ウォーズ」公式サイトは【こちら】
a0037338_1872574.jpg

第七位「ドラゴン・キングダム」
ジェット・リーつながりでもう一作。こちらはジャッキー・チェンとの奇跡(?)のコラボレーション。二大カンフーマスターのそろい踏みです。ちょっと見逃せませんね。
脇を固める女優さん方や敵役のコリン・チョウも良さげです。
「ドラゴン・キングダム」公式サイトは【こちら】

「どうだいジェイ君、洋画もかなり素敵な映画がめじろ押しだろう」
「そうですね。でもこのうち何本劇場に出撃予定なんですか」
「いゃあ予定としては全部だよ。決まってるじゃないか」
「そんな予算がどこにあるんですか。この前、高価なプラモデル買って大散財したばかりじゃないですか」
「ふふふっ。ジェイ君、当然君たちの食費を大幅に削るのに決まってるじゃないか。ハハハッ、ワッハハハ、ハハ、ゲホゲホッ。むせた」
「ガブ、ガブ、ガブ」
「痛い、イタタ、痛い、痛い。やめたまえ〜」


a0037338_1339547.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-06-29 13:04 | 洋画

「公開目前! 楽しみな映画たち -邦画編-」

a0037338_23323123.jpg

「シジ君、楽しみな映画が目白押しだね」
「そうですね。ってジジじゃないでしょ。ジェイでしょう! あんたが名前つけたんでしょうが」
「ああ、そうだね。まあいいじゃないか。女子高生、女子大生にはジジの方が受けが良いんだよ。あそこにこっち見てる女の子がいるだろ」
「はいはい、じゃあ、ジジでもいいですよ」
「これから注目の映画がバンバン公開されるんだぞ。楽しみだねぇ〜」
「そんな事言ったって、最近いざ公開されると観に行かないじゃないですか! 」
「ジェイ君、きみはズバっと核心を突いて来るね。おやつのお裾分けは無しだな」
「ジジですか、ジェイですか、統一して下さいよ。おやつくれないと噛みますよ」
「まあとにかくだ。気になる映画を上げておこう。ランキング付きだぞ。ハハハ」
「はいはい。また訳の分からないランキングですね。一位と二位はアレにして下さいよ」
「ええ〜、アレかよ。まあいいや」

a0037338_2221366.jpg

第一位「ネコナデ」
ちょっと前に小木茂光さんの主演で放映されたTVドラマ(全12回)の映画化です。今回の主演は大杉蓮さん。バンバンとリストラを断行する大企業の人事部長が、ひょんな事から子猫を拾ってしまいます。トラと名付けられた子猫と、部下から鬼と恐れられる部長の秘密の生活が始まります。面白そうでしょう。撮影終了後、トラちゃんは大杉蓮さんの家の子になったそうです。
「ネコナデ」公式サイトは【こちら】
a0037338_219058.jpg

第二位「グーグーだって猫である」
原作の漫画は読んだ事ないんですよ。まあ、小泉今日子さんも好きだし、猫ものと言う事で注目しております。グーグーはアメショみたいですが、小泉さんがリアルで飼っている小雨ちゃんはロシアンブルーでしたね。
「グーグーだって猫である」公式サイトは【こちら】
a0037338_2324791.jpg

第三位「スカイ・クロラ」
本当の一位です。押井守監督の作品と言う事ですから外せませんね。予告編観ましたが、空中戦シーンのクオリティ、こだわりはかなりのものの様です。楽しみ〜。
「スカイ・クロラ」公式サイトは【こちら】
a0037338_12435940.jpg

第四位「パコと魔法の絵本」
なんか気になりますね〜。監督が「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也、出演が役所広司、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、國村隼、上川隆也などなど。豪華ですよ〜。しかし写真見るとみなさん強烈な扮装です。原作は舞台劇だそうです。
「パコと魔法の絵本」公式サイトは【こちら】
a0037338_14313160.jpg

第五位「落語娘」
TVドラマ「斉藤さん」での好演が印象的だったミムラさんが主演だそうです。同じく落語がテーマだった「寝ずの番」や「しゃべれども しゃべれども」がなかなか良作だったので、これにも注目しております。津川雅彦さんが立川談志師匠がモデルっぽい異端の落語家を演じているところも見逃せません。
「落語娘」公式サイトは【こちら】
a0037338_1372530.jpg

第六位「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪」
監督、脚本が「いかレスラー」「ヅラ刑事」「日本以外全部沈没」の河崎実、出演が加藤夏希、ザ・ニュースペーパー(渡部又兵衛、松下アキラ、福本ヒデ)、黒部進、古谷敏、夏木陽介、みうらじゅん、リリー・フランキー、水野晴郎、ビートたけし。しかしキャッチコピーが「この夏人類滅亡の危機 世界の命運は"タケ魔人"に託された」って・・・、タケ魔人ですか・・・。え、タケちゃんマン。(笑) 歴代首相の物真似コントのニュースペーパーにタケ魔人、大馬鹿C級映画の臭いがプンプンしますね。ある意味大注目。目が離せません。
「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪」公式サイトは【こちら】

「ジェイ君、どうだいこの豪華なラインナップ。凄いだろぅ」
「なんだかもの凄く偏ってる気がするんですけどねぇ」
「まあいいじゃないか。ここを覗きに来て下さる方々も偏ってる人が多いんだよ」
「そんな失礼な事言っていいんですか。知りませんよ」
「わかっとらんね〜。君は。褒めとるんだよ」
「はいはい。ところで今回は邦画編ですけど、洋画編はやるんですか」
「それはまぁ〜、あれだよ。やるときゃやるし、やらないときはやらないよ」
「やっぱりですか。期待しないで、寝ながら待つ事にしますよ」

a0037338_13184924.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-06-25 22:02 | 邦画

「バンディダス -BANDIDAS- 」

a0037338_10281512.jpg

待ちに待った、そしてちょっと忘れてた(笑)「バンディダス」DVDで観賞いたしました。最初ブログにこの映画が公開されるらしいという【記事】を書いたのが、2006年6月だったので2年も待ってしまいました。
ペネロペ・クルスサルマ・ハエックという二大女優さん共演の西部劇でございます。
ブリジッド・バルドークラウディア・カルディナーレ共演の「華麗なる対決」(1971年)を彷彿させますね。
a0037338_10283239.jpg

あちこちの映画サイトを覗いてみると軒並み低得点の評価が並んでおりました。ノンノン! 皆さんこの手の映画にいったい何を望んでおるのでしょうか・・・。私的には大満足でございました。お二人のセクスィーなお姿が見れて、音楽はかっこいい、サム・シェパードも美味しい役で登場、ジャンルはありがたや西部劇、上映時間はお手軽1時間37分、充分じゃございませんか。あと何を望むと言うのか!! 重厚なストーリー展開、キャラクターの深み、アクロバティックなガンプレイ、そんなものは有りませんよ。べつにいいじゃん。(笑)
a0037338_10285251.jpg

監督はヨアヒム・ローニングエスペン・サンドベルグというお二人。長編映画としてはデビュー作だそうで、もともとはTVCMを数多く手掛けていたそうです。代表作はルノー、バドワイザーなどだそうで、見た事あるかもしれませんね。脚本はリュック・ベッソン、プロデュースもかんでるみたいです。音楽はベッソンとの名コンビで「グラン・ブルー」「レオン」でお馴染みエリック・セラです。「Las Bandidas」というテーマ曲がなかなかそそります。iTunes Music Storeで思わず買ってしまいました。ただ1分22秒しか無いんですよ。短か!!
敵役を「スイング・ブレイド」でDV野郎を存在感抜群に演じたドワイト・ヨーカムが好演しています。この人、悪役以外やった事あるんでしょうか? 私は見た事ないです。勉強不足ですみません。本業のカントリー歌手としては2度のグラミーに輝いてるそうですね。
a0037338_811095.jpg

ペネロペ・クルスサルマ・ハエックのお二人が、ストライクゾーンに入ってる方はぜひご覧下さい。そうじゃない人は絶対観ないでね。

「とっとと借りやがれ。さもねぇとケツに一発お見舞いするぞ!! 」
a0037338_1029851.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-06-04 10:30 | 洋画

「リアルヘルボーイ」

a0037338_1027632.jpg

あのヘルボーイは実在した。(笑)

写真向かって右側の選手は、現在アメリカ総合格闘技で売り出し中のキンボ・スライス選手です。
ちょんまげ風のヘアースタイルに、188cm、110kgのマッチョな体格。ファイトスタイルは、打たれ強さを武器に接近戦でひたすら左右のパンチを振り回します。ピットファイティングと呼ばれるベアナックルの賭け試合出身だそうですね。納得。
全身を赤く塗り、オデコに角の切り株を貼付ければリアルヘルボーイの出来上がり。
いっその事、試合もそのスタイルでやれば人気急上昇間違いなしと思われます。もちろんセコンドは半魚人エイブ・サビエンです。(笑)

写真がそうですが、最新の試合ではPRIDEで吉田秀彦選手にKO勝ちしたジェームス・トンプソン選手にTKO勝ちしたそうで、実力も本物のようです。

キンボ・スライス(Wikipedia)
[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-06-03 10:27 | その他




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧