フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「BOLT」-CGアニメ-

a0037338_1021375.jpg

BOLT-The Official Website for Walt Disney Pictures -
 とりあえずは「WALL・E/ウォーリー」は観たいんですけど、こっちも面白そうですね。主人公のわんちゃんの声はジョン・トラボルタだそうです。不遇の時代があった人は幅広く仕事しますね〜。(笑)

[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-11-29 01:27 | 洋画

「OK牧場の決闘」-ちょっと記憶と違うなぁ〜-

 ロバート・B・パーカー「ガンマンの伝説」(ハヤカワ文庫)と「ダブルプレー」(ハヤカワ文庫)を読みました。「ガンマンの伝説」の主人公はご存知ワイアット・ワープ。彼と彼の兄弟たちの「OKコラルの決闘」前後を描いたものです。「ダブルプレー」は黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンと彼のボディガードの交流を描いた小説です。両作品とも楽しめました。お薦めです。
 「ダブルプレー」は是非とも映画化して欲しいですね。現在脳内で妄想キャスティングに入っております。(笑)
a0037338_21575515.jpg

 という事で、久々にジョン・スタージェス監督の「OK牧場の決闘」(1957年)が観たくなり早速DVDを借りてきました。「オウケ〜、コゥラァ〜、オウケ〜、コゥラァ〜♪」とフランキー・レインの歌うお馴染みの主題歌で映画は幕を開けます。

 私の記憶ではバート・ランカスターとカーク・ダグラス、見せ場は50/50ぐらいだったと思ったんですけど違いました。おかしいなぁ〜。(笑)
 この作品はドク・ホリディを演じたカーク・ダグラスの映画です。80/20かなぁ。
 冒頭の酒場でナイフ一閃、リー・ヴァン・クリフを倒す場面から始まって、彼の情婦ケイトとの丁々発止のやりとり、クライマックスのガンファイトまで見所満載。酒場でのカードさばきも格好良いですね。カーク・ダグラスここにありです。(笑)
a0037338_2212271.jpg

 ケイトを演ずるのは「エデンの東」でアカデミー助演女優賞を受賞したジョー・ヴァン・フリート。「そばに置いてくれるなら、何でもするわ」から「あんたなんか死ねばいいのよ」まで、愛憎半ばする情婦役を熱演です。この人は上手いや。
a0037338_2214154.jpg

 ゲーリー・クーパーと共演した「ヴェラクルス」(1954年)では、美味しいところをすっかりさらっていたバート・ランカスターですが、この映画の彼はちょっと大人しいですね。美貌のギャンブラー、ロンダ・フレミングとの恋もとってつけた様で、ダグラスとフリートのそれと比較すると薄っぺらです。昔観た時は気にならなかったんですけどね。
 バート・ランカスターはお気に入りの俳優さんなんですけど、ワイアット・アープというお行儀の良い役柄は彼には合わないのかもしれませんね。それはそれとしてロンダ・フレミングは綺麗です。
a0037338_2313296.jpg

 ちょっと記憶と違いましたが、この映画に対する私的な評価が下がった訳ではありません。今度は「ヴェラクルス」「墓石と決闘」が観たくなってきたぞ〜。

↓「ヴェラクルス」のバート・ランカスターとゲーリー・クーパー
a0037338_23164450.jpg

[過去に書いた西部劇関連の記事]
「samurai的西部劇BEST10」
「「アメリカ映画協会 西部劇BEST10」」
「ガンヒルの決斗」
「指定型バトン」
「捜索者」
「キャットバルー」
「ワイルド・レンジ」
「アラモ」
[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-11-22 11:30 | 洋画

「レイジング・ブル」-遠い昔の思い出-

a0037338_0204298.jpg

「認めたくないものだな、自分自身の若さ故の過ちと言うものを・・・」
 ガンダムねたから入ってみましたが、今回は映画に関する思い出をひとつ。

 遠い遠い昔の話です。
 ある日、友人がニヤニヤしながらやって来ました。
「うちのクラブの後輩がお前にセーター渡したいって言ってんだよ。手編みだぞ。どうする」「誰? 俺知ってる子か」「○○だよ。知ってんだろ」「ああ、知ってるよ。ちっちゃい子だろ。貰うよ」「物好きな女だよな」「うるせえよ」という様なやりとりがありまして、セーターを頂く事になりました。当時、私には2年ほど付き合っていた彼女がいたのですが、些細な事で喧嘩して冷戦状態に入り3ヶ月ほどが経過していました。
 ○○ちゃんと会ってセーターを貰った時に「映画好きか?」と聞くと「うん」という返事。彼女の好みを聞く事も無く選んだのが「レイジング・ブル」。その時ただ自分が一番観たかったというのが選んだ理由です。(笑)
 
 映画を見終わって○○ちゃんと、喫茶店に入りました。いまひとつ笑顔の固い彼女に「凄い映画だったね」「デニーロは凄いよ」としばし語る私。しかし彼女から帰ってきた言葉は「結局この映画ってなにが言いたかったんですか」でした。ああ、そこですか・・・と、テンションが下がりつつ、男の生き様とか、夢とか嫉妬とかについてちょっと説明する私。そしてあまり会話が盛り上がらないまま、その日はバイバイとなりました。
 
 その後、連絡をとる事もなく数日が経過。友人から「どうすんだよ」などと突っつかれても、「ああ」とか「うん」とかお茶をにごしておりました。さらに数日が経過した頃、冷戦状態だった彼女から電話がありました。
「この前はごめんね・・・。まだ怒ってる?」「いや・・・、別にもう怒ってないよ」「よかった。ところで観たがってたデニーロの映画、もう観ちゃったよね」「え、あ、う〜ん、観てない」「じゃあ明日行こうよ」
 
 彼女と二度目の「レイジング・ブル」を観ました。見終わった彼女の感想は「凄い映画だね〜」でした。
 手編みのセーターとダブってしまったパンフレットの一冊は押し入れの奥深くしまわれる事になりました。
 手編みのセーターを受け取る事は、彼女の思いを受け取る事だと知らなかった頃の話です。恥ずかしい思い出を長々と書いてしまいました。読んで下さった方ありがとうございます。
a0037338_0373266.jpg

「レイジング・ブル」(1980年)でロバート・デニーロは、「ブロンクスの雄牛」と呼ばれた実在のボクシングミドル級チャンピオン、ジェイク・ラモッタを演じてアカデミー主演男優賞を受賞しました。彼はこの映画で、後にデニーロ・アプローチと呼ばれる徹底した役作りを行います。まず過酷なトレーニングでジェイク・ラモッタのチャンピオン時代の鍛え抜かれた肉体を作り上げ、その撮影後にカロリーの高い食事で体重を27kg増やし晩年のジェイクを演じました。さすがにその後、体重を落とすのにずいぶん苦労した様です。
a0037338_161784.jpg

 ボクシング映画としては「ロッキー」と対極の立ち位置となる作品です。映画の大部分はモノクロで描かれ、カタルシスの得られる展開ではありません。
 主人公のラモッタは、気難しくワガママで嫉妬深く感情移入しずらいキャラクターとして描かれています。タイトル獲得、結婚などハッピーなシーンはごくわずか、八百長試合、美しい妻への嫉妬、離婚、刑務所への収監など負のエピソードが映画の大半を占めています。それじゃこの映画は退屈なのかと言うとそうではありません。

 男性の持つ醜い部分をすべて併せ持った様な主人公ジェイ・ラモッタ。私は監督のマーティン・スコセッシの演出とロバート・デニーロの演技力に取り込まれ、彼を嫌悪しつつすっかり映画に入り込んでしまいました。彼の人生を疑似体験する事で自分の心の中に潜むジェイク・ラモッタと否応無しに対峙させられ、彼への感情が近親憎悪である事に気づかされます。
 
 付き合ってる彼女と別れた訳でもないのに、軽い気持で手編みのセーターを受け取ってしまった私も醜い男でございました。遠い遠い昔の「レイジング・ブル」の思い出でございます。

 ↓これもレイジング・ブルです。ああ、エアガン欲しいです。
 
a0037338_1145514.jpg


追記:今回YuTubeを検索したら本物のジェイク・ラモッタとシュガー・レイ・ロビンソンの試合の映像がアップされていました。デニーロが彼のファイトスタイルをかなり研究し、模倣したのが分かりました。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-11-19 10:08 | 洋画

「やわらかい手」-DVD観賞-


 
 やっぱりルパン三世はTVのファーストシリーズに尽きますよね。放映は1971年から1972年、視聴率は振るわなかったそうですが、夢中で観ました。結局低視聴率にあえぎ23話で打ち切り、人気が爆発したのは数年後、夕方に再放送されてからだそうです。
 私の一番のお気に入りキャラはルパンの頼もしい相棒、次元大介ですが、当然峰不二子嬢も大好きです。
 その不二子ちゃんのモデルになったと言われているのが、マリアンヌ・フェイスフル。1968年公開の「あの胸にもういちど」で全裸に黒の革つなぎを着込み、バイクで疾走、不倫相手のアラン・ドロンと密会を重ねる人妻レベッカを演じました。

 ただ調べてみると原作漫画「ルパン三世」「漫画アクション」で連載を開始したのが1967年。漫画家モンキー・パンチさんが峰不二子というキャラクターを作り上げた時点では映画は公開されてなかったんですね。という事はTVアニメ化の段階でスタッフが参考にしたんでしょうね。さて、長々と前置きが続きましたが本題です。
 そのマリアンヌ・フェイスフルが主演の映画「やわらかい手」(2007年)をDVDで観賞いたしました。
a0037338_1040862.jpg

 マリアンヌ・フェイスフル演ずる未亡人のマギーは、難病の孫を救うための金策に頭を悩ませていました。自宅もすでに抵当に入り、新たな借金の当てもない。手に職のない中年女に働き口が見つかるはずもなく街をさまようマギー。途方に暮れていた彼女が目にしたのが風俗店「セクシー・ワールド」の“接客”の求人広告。“接客”を単なる接客と思い込み店に飛び込んできたマギーにオーナーのミキ(ミキ・マノイロヴィッチ)は呆れます。そうそうに追い返そうとするミキですが、その滑らかな手を見て気が変わります。さて、その接客の中身とは? 彼女は最愛の孫を救えるのか?

 「あの胸にもういちど」は遥か昔に東京12チャンネルの映画劇場で観ました。妖艶なマリアンヌ・フェイスフルのキャラクターとラストシーンだけ鮮明に覚えております。唐突に終わる感じでびっくりしました。
 綾小路きみまろではありませんが、「あれから40年!!! 」年月の重みを彼女に感じます。私生活でもアイドルとしての絶頂期に突然の転落、ミック・ジャガーと浮き名を流し、ドラックやアルコール中毒、自殺未遂、奇跡の復活とヘタな映画顔負けの激動の人生を過ごした彼女の存在感に脱帽です。
 オーナーのミキとの間に芽生える恋もありがちではありますが、ミキを演ずるミキ・マノイロヴィッチが彼女に一歩も負けない存在感をかもし出して、いい感じに仕上がっております。
 当ブログではあまり取り上げないジャンルの映画ではありますが、お勧めです。興味がある方はぜひご覧下さい。

↓年月の重みを背負う以前のマリアンヌ嬢
a0037338_12381588.jpg

 映画の中で「この店のアイデアのもとは東京だ」という台詞がありましたが、たしか20数年前にテレビ朝日の深夜番組「トゥナイト」の中でレポーターの山本晋也監督が紹介してましたね。うっすらとした記憶ですが、店名は「ラッキーホール」だったような・・・。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-11-14 09:35 | 洋画

「2008年samurai的存在感抜群大賞 -洋画篇-」

 今年一年を総括するには時期尚早なのですが、少しだけ振り返ってみました。
 
 観賞日記をパラパラめくって印象に残った役者さんを書き出してみると、あれっ? これってほぼ「悪役列伝」じゃんか・・・。(笑)
 偶然なんですけどダークサイドに所属する方々ばっかりが並んでしまいました。一人ちょっと外れてますけど。まあ、日本経済も暗黒面に取込まれたままですし、そういう年だったんでしょうね〜。
 それではいってみましょうか。「2008年悪役列伝」じゃなくて「2008年samurai的存在感抜群大賞」の発表です。

第一位 ヒース・レジャー/ジョーカー「ダークナイト」
a0037338_136477.jpg

 ヒース・レジャーの事実上の遺作となってしまった「ダークナイト」。152分の長尺でありながらまったく飽きさせませんでした。もちろん映画を引き締めたのは彼の演じたジョーカーです。
 私的にはヒースと言うと「ロック・ユー」の爽やかイケメン君のイメージでしたから、本当にびっくりしました。とくにジョーカーのナース姿は夢に見そうでした。(笑) 

第ニ位 バビエル・バルデム/アントン・シガー「ノーカントリー」
a0037338_1372090.jpg

 バビエル・バルデム演ずる殺し屋、アントン・シガーもインパクト抜群でしたね。無表情で変な髪型、武器は強力な圧縮空気を発するエアガン。過去に例を見ない殺し屋像ですね。髪型はコーエン兄弟のアイデアだそうで、バルデムはあまり気に入ってなかったそうです。ちなみにあのエアガンは家畜を殺すために実際に使われてるらしいですね。

第三位 マーシャ・ゲイ・ハーデン/ミセス・カーモディ「ミスト」
a0037338_137410.jpg

 この女優さんは上手いですね。前回「ミスト」の感想に書いたばかりですが、聖書を振りかざして人々を洗脳していくミセス・カーモディを実にリアルに演じておりました。他の出演作品もチェックしたくなりました。
 邦画にリメイクするとしたら、大竹しのぶさん、渡辺えり子さん、市原悦子さん、あたりでしょうか。観たい様な、観たくない様な・・・。(笑)
 
第四位 セルジ・ロペス/ヴィダル 「パンズ・ラビリンス」
a0037338_1373615.jpg

「パンズ・ラビリンス」近所のDVDレンタル店に5本あるのですが、いつもレンタル中です。いまだに大人気ですね。私的にも劇場観賞しなかった事を悔やんだ作品のひとつです。美術や音楽も素晴らしかったのですが、セルジ・ロペス演じたヴィダル大尉は怖いです。村人は殴り殺す。ゲリラの拷問を嬉々として行い、切り裂かれた自分の顔を麻酔無しで縫う。ターミネーターも顔負けです。

第五位 ミキ・マノイロヴィッチ/ミキ 「やわらかい手」
a0037338_21292351.jpg

 今回のエントリーの中では、唯一悪役ではありません。風貌はおもいっきり悪役ですが。(笑)
 ミキ・マノイロヴィッチ、旧ユーゴスラビア出身の俳優さんです。主人公の中年女性マギー(マリアンヌ・フェイスフル)が、難病の孫の命を救う為に飛び込む風俗店のオーナーを演じております。映画の舞台はロンドン郊外、ストーリー上でも移民の役柄です。渋いですね。マギーとの淡々とした恋もいい感じです。次回はこの「やわらかい手」について少し書こうと思います。

 という事で、またまた偏った傾向の俳優さん達がならんでしまいました。ちなみに、洋画篇と書いてありますが、邦画編をやるかどうかはまったく未定でございます。(笑)
 
[PR]
by samurai-kyousuke | 2008-11-02 13:07 | 洋画




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧