フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「鴨川ホルモー」

a0037338_939209.jpg

 「鴨川ホルモー」を観賞してまいりました。

 いゃあ、京都大学青龍会に入会して"ホルモー"やりたかったです。
 私は客観的に考えて、ホルモー向きだと思いますよ。まず声がでかいです。そして珍妙なボディアクションが得意。さらに数々の電源、非電源のシミュレーションゲームで培った戦術指揮能力の高さ。きっとホルモー界のパットン将軍と称されたことでしょう。(笑)
 ホルモーとは何か? 興味がおありの方は是非とも映画をご覧下さいね。
 
a0037338_8572597.jpg

 それはさておき、映画はありえなさ全開の馬鹿映画でした。以前TVで放映された同じ原作者、万城目学さんの「鹿男あをによし」が面白かったので楽しみにしていたのですが、期待以上の面白さでした。京都に行きたくなりましたよ。
 キャストが良かったですね。主役の山田孝之も頑張ってましたが、一番笑わせてくれたのはヘタレの帰国子女、高村幸一を演じた濱田岳。ちょんまげ姿が似合い過ぎです。彼の出演作「アヒルと鴨のコインロッカー」も気になりつつ未見だったので、早急にレンタル観賞しようと思います。
a0037338_912434.jpg

 京大青龍会499代会長菅原真を演じた荒川良々、"凡ちゃん"こと楠木ふみ役の栗山千明も予想通りの怪演でした。荒川良々の「レナウン娘」、栗山千明の「ゲロンチョリー!!」は必見です。
a0037338_9155771.jpg
a0037338_9161549.jpg

 「グラン・トリノ」のような渋さ200%の映画も最高ですが、こういった馬鹿映画もsamurai的には外せませんね〜。読まなきゃならない文庫本が机の上に山積みなんですけど、原作の「鴨川ホルモー」と続編の「ホルモー六景」も是非読みたいなぁ。
[PR]
by samurai-kyousuke | 2009-04-30 23:01 | 邦画

「グラン・トリノ」 -ネタバレあまり無し-

 
a0037338_12324377.jpg

 クリント・イーストウッド監督・主演の「グラン・トリノ」を観ました。
 
 「グラン・トリノ」は今年一番の問題作でも無いし、そこには衝撃のラストシーンもありませんでした。
 ストーリーは、ひよわな少年と孤独な老人が心を通わせ、少年は成長する、そして老人が得たものとは・・・・というありがちなものです。話の落としどころも途中で予測がついてしまいます。しかし、「グラン・トリノ」はいい映画でした。男たるものぜひご覧あれ、とお薦めいたします。あっ、女性もイーストウッドが好きな方、あるいはオヤジ好き、オヤジ心を持つ女性(?)にはお薦めしますよ。
a0037338_12324781.jpg

 もう俳優業をやるつもりが無かったというイーストウッド。彼は脚本を読み、「主人公ウォルトが自分のことのように思えた」と語ったそうです。
 この映画の主人公ウォルトは朝鮮戦争での記憶を引きずる元フォード社の熟練自動車工です。自分の価値観に合致しないものは許せない。相手かまわず差別用語を連発し、つばを吐く。愛妻を亡くし、二人の息子とその家族との関係も上手くいっていません。周囲に対して壁を作り、楽しみは相棒の老犬をかたわらにビールを飲む事と、愛車グラン・トリノを磨きあげる事です。
 ハリウッドで成功したイーストウッドが共感した部分がどこなのか、私的にはいまひとつ理解できません。しかし彼の演ずるウォルトは存在感抜群で、まさに始めから彼を念頭に書かれた脚本の様でした。

 ウォルトは80歳を目前にした高齢ながら、愛用の小銃M-1ガーランドの手入れは怠らない。街のチンピラを前にしてもまったく臆する事もなく、必要とあれば銃を突きつけることも厭わず、相手を叩きのめす腕っ節も健在です。イーストウッドの佇まいがキャラクターに真実味を与えます。「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」(1986年)で彼が演じたハイウェイ軍曹を彷彿させますね。こんな凄みのあるジジイになりたいものです。(笑)

 そしてウォルトと心を通わすのがモン族の姉弟であるスーとタオ。演ずるビー・バンとアーニー・ハーはともにこの映画がデビュー作だそうです。初々しいですね。スーとタオの家族を演ずる方々も素人さんばっかりだそうですね。その中の婆ちゃんが凄いです。演技歴50年のイーストウッドと堂々と渡り合っております。
 モン族というのはベトナム戦争時に傭兵としてアメリカ側で戦い、戦後は居場所を失いアメリカに移住した民族だそうです。勉強不足でそういった人々がいることはまったく知りませんでした。
a0037338_15334859.jpg
a0037338_1534326.jpg

 大きなお世話ですが、この映画の制作費はいくらだったんでしょうか。監督・主演は自分ですからね。音楽は息子のカイル・イーストウッドです。役者さんのほとんどは素人、あるいはほぼ無名か、無名でなくともギャラの安そうな人(笑)です。映画のほとんどが、ウォルトの家とその周囲だけで撮られています。
 制作費のほとんどが、俳優の出演料、CGなどの特殊効果に費やされる昨今、なんとリーズナブルな映画なのでしょうか。さすがイーストウッド、プロデューサーとしても超一流ですね。

 【お気に入りの場面】 ウォルトが行きつけの床屋でタオに男の会話をレクチャーするシーンは爆笑しました。イタリア系の床屋さんを演ずるジョン・キャロル・リンチもいい味だしてます。
a0037338_15333158.jpg

[PR]
by samurai-kyousuke | 2009-04-29 08:29 | 洋画

「味わってみたいランキング」

 映画に登場する食べ物や飲み物は気になりますね。その中でとくに味わってみたいもののランキングです。なんか書き出してみたら、一位、二位以外は変なのばっかり並んでしまいました。(笑)
 今回は第一弾という事で、ご容赦下さい。第二弾は豪華な食事編とか、アニメ映画編なんかも面白そうですよね。皆さんもありましたら、教えて下さい。


第一位 ブルーベリーパイ 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」(2008年)
a0037338_2284551.jpg

 あんなカフェが近所にあったら最高ですよね。
 ジェレミー(ジュード・ロウ)の焼くブルーベリーパイをエリザベス(ノラ・ジョーンズ)と並んで食べてみたいものです。しかもエリザベスに「アーンして」なんて言われて、食べさせて貰っちゃったして・・・。あっ、すみません。ちょっと馬鹿になっていました。

第二位 おにぎり 「かもめ食堂」(2006年)
a0037338_22571862.jpg

 小林聡美さん演ずるサチエが魅力的だった「かもめ食堂」。あんな明るい雰囲気のお店でランチしたいものです。サチエさんの握るおにぎりは本当に美味しそうでしたね。食後には、彼女が「コピ・ルアック」とおまじないをかけたコーヒーも頂きたいものです。

第三位 レンバス 「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」(2003年)
a0037338_23333052.jpg

 もともとは、エルフ族の保存食らしいです。焼き菓子の一種の様ですね。
 火の山でサム君(ショーン・アスティン)が、フロド(イライジャ・ウッド)に「フロド様、これが最後のレンバスです」とか言って食べさせてましたよね。どんな味のものなのか、興味津々です。
 
第四位 自家製蒸留酒 「大脱走」(1963年)
a0037338_2346780.jpg

 独立記念日に、ヒルツ(スティーブ・マックィーン)、ヘンドリー(ジェームズ・ガーナー)らが、密かに造って捕虜仲間に振る舞ったじゃがいもベースの蒸留酒です。強烈そうですよね。当然、一口飲んだら「ワォッ」とつぶやきます。
 しかしながら、酒宴の真っ最中にトンネルが発見されちゃうんでしたね。酔いも一気に醒めますよ。(笑)

第五位 うどん 「ブレードランナー」(1982年)
a0037338_22441833.jpg

 映画に登場する食べ物というとこれは外せません。まあ、特に美味しそうという訳では無いんですけどね。 
 やっぱり、「4つくれ」「2つで充分ですよ」「いや4つだ」「2つで充分ですよ。わかって下さいよ〜」という会話は外せませんな。(笑)
[PR]
by samurai-kyousuke | 2009-04-12 22:10 | その他




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre&#039;s..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧