人気ブログランキング |
フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


ライフ・イズ・ビューティフル -ネタばれ-

ライフ・イズ・ビューティフル -ネタばれ-_a0037338_9461869.jpg

言わずと知れた、ロベルト・ベニーニ、監督・主演の感動作です。この映画も恥ずかしながらDVD鑑賞なのですが、劇場で見れば良かったと後悔しております。

映画の前半は本屋を営むグイド(ロベルト・ベニーニ)と美人教師ドーラ(ニコラッタ・ブラスキ)の出会いから結婚、そして最愛の息子ジョズエ(ジョルジオ・カンタリーニ)の誕生までがほのぼのと描かれます。

そして後半、物語は一転して親子の強制収容所での生活が描かれます。グイドは幼いジョズエを怖がらせないために「これはゲームだ」と彼にルールを話します。"一つ見つかってはいけない""二つ泣いてはいけない"等々、ルールを守っていれば得点が貰え、一等賞はジョズエの大好きな戦車だと嘘をつきます。

収容所の規則を話すドイツ兵の横で、グイドがめちゃくちゃな通訳をする場面が笑えます。息子を妻を守るために奮闘するグイド、彼の優しい嘘が息子を最後まで守り抜きます。建物の影から戦車が現れる場面で涙が滝のように溢れました。お勧めの一本です。(編集画面をいじっていたら記事が消えてしまったため1/31書き直しました)
# by samurai-kyousuke | 2004-10-09 10:09 | 洋画

トレマーズ

トレマーズ_a0037338_2293188.jpg

突っ込みどころ満載のB級モンスター映画の傑作です。

当時レンタルビデオで期待しないで見たんですけど、楽しかった。主役の便利屋さん2人組に「インビシブル」での強烈な悪役が記憶に新しいケビン・ベーコンと「ライトスタッフ」のフレッド・ウォード。この二人が美人地質学者、地下の武器庫に大量の銃砲類をコレクションする武器オタク夫婦らと共に、地中のジョーズ"グラボイス"と対決します。この夫婦が爆笑もので、この映画の見どころのひとつです。

"グラボイス"どうみてもその形状から不可能だと思うのですが、地中をもの凄い速度で移動します。コンクリートの壁に激突死したり、崖から飛び出して転落死したりするほどです。(笑) 地中のモンスターという特性を活かし、本体を見せずに土煙を上げたり、床板を跳ね上げたりの演出でなかなか盛り上げます。監督は「シティー・スリッカーズ」「マイティー・ジョー」等のロン・アンダーウッド。

低予算ですが、ハリウッド伝統のモンスター映画のツボを押さえたおすすめの一本です。ちなみに2と3も制作されましたが、いまひとつでしたね。
# by samurai-kyousuke | 2004-10-08 23:17 | 洋画

七人の侍 -その3- 野武士が来たぞ !

七人の侍 -その3-  野武士が来たぞ !_a0037338_1752412.gif

またまた「七人の侍」です。

村を偵察にきた野武士の物見を捕えた侍達はあじとを聞き出します。
野武士の機先を制するためあじとを急襲する侍達。その際に千秋実演じる侍の一人平八が銃弾に倒れます。村に帰って埋葬される平八。勘兵衛(志村喬)が参謀役の五郎兵衛(稲葉義男)に向かってつぶやきます。
「お主、苦しい時には重宝な男と言ったが、本当に苦しいのはこれからだ」悲しみにくれる一同。ここで菊千代(三船敏郎)が屋根によじ上り、平八の作った旗を立てます。風にはためく旗。流れるテーマ曲。涙で見上げる一同。何回見ても、ここで目頭が熱くなります。しばし間があって、菊千代が叫びます。「キャッホー ! 来やがった、来やがった ! 」野武士の一群が山の稜線に現れます。

鳥肌が立つ様な上手い演出です。ここからいよいよ野武士と侍達の攻防戦が描かれるのですが、ここまでで映画何本分もの名場面がありますよね。
# by samurai-kyousuke | 2004-10-05 18:32 | 七人の侍

ハイ・フィデリティ

ハイ・フィデリティ_a0037338_1258413.jpg

ジョン・キューザック繋がりでWOWOWで見ました。これも拾い物シリーズ第2弾でした。拾い物とか言って、大好きな人いたらご免なさい。

キューザック演じるのはシカゴで小さな中古レコード店を経営する30代の独身男ロブ・ゴードン。彼は超が付く程の音楽オタク。ある日同棲中の恋人ローラが理由も告げずに家を出て行ってしまいます。何故! 俺のどこが悪いの? ということで、彼は過去に経験した辛い失恋トップ5を選び、彼女たちに会いに行きます。ここでの彼の大真面目な駄目っぷりがお茶目で笑いを誘います。

別れた彼女役にキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、またティム・ロビンスもちょこっと顔を出しています。全編に流れる曲がまた私のツボを刺激しましたね。ボブ・ディラン、クイーン、グランド・ファンク・レイルロードなど最高 !
最新作「スクール・オブ・ロック」でもロック魂を炸裂していたジャック・ブラックが変わり者のレコードショップの店員バリーを演じていて、馬鹿受けでございました。
ブラック演じるバリーが、スティービー・ワンダーの「心の愛」を娘へのプレゼントにと買いに来た客に言います。「娘さんがそんな駄曲好きなわけない ! それとも娘さん意識不明 ?」爆笑。ちなみに私スティービー・ワンダーも好きです。
# by samurai-kyousuke | 2004-10-05 13:34 | 洋画

狂っちゃいないぜ

狂っちゃいないぜ_a0037338_2250587.jpg

あれっビリー・ボブ・ソーントン出てるじゃん ! ということで、WOWOWで何気なく見た一本です。意外と拾い物でした。

主人公の自他ともに認める腕利き管制官ニックにジョン・キューザック、その妻にケイト・ブランシェット、ニックのライバルの管制官ラッセルにソーントン、その超セクシー妻にアンジェリーナ・ジョリーが扮しています。なかなか豪華なキャストですよね。

舞台はケネディー空港を初め3つの飛行場の上空に出入りする9000機の安全を管理する着陸誘導システムセンターが舞台です。馴染みのない航空管制官の日常の描写に興味を引かれました。「何便は高度4000フィートで待機」とか「何便に着陸許可」とか「何便は左旋回140」とか指示を出すのですが、故障とか燃料不足とか、はたまた急病人がとか、他の空港が使用不能とか、次々とイレギュラーな事態が起きます。ストレスで出社拒否の管制官なども描かれます。

映画は変わり者のラッセルに翻弄されるニックが、アンジェリーナ・ジョリー演じるラッセルの妻と寝てしまうことから、急展開。クライマックスでは、爆弾がしかけられたという管制塔でライバル二人が空域内の全便を誘導するべく奮闘します。

この映画のソーントンは「スリング・ブレイド」とは別人ですよね。ソーントンファンの方や航空管制官に興味がある人にはお勧めです。
邦題の「狂っちゃいないぜ」はちょっといただけない気がします。原題の「PUSHING TIN」はどういう意味なのでしょう? どなたか知っている方教えて下さい。


狂っちゃいないぜ_a0037338_23483596.gif

# by samurai-kyousuke | 2004-10-04 23:47 | 洋画

スリング・ブレイド

スリング・ブレイド_a0037338_0584634.jpg

気になる役者さんの一人であるビリー・ボブ・ソーントンさんが監督・脚色・主演の三役をこなした1997年の作品です。

ソーントンは知的障害を持つカールという中年の男性を演じています。猫背で低い声で唸る様に話す彼は、ちょっとソーントンだとは判らない程です。

少年時代、自分の母親とその不倫相手をナタで斬り殺した彼は25年間の精神病院での生活を終え故郷の町に帰って来ます。機械修理に天才的な才能を持つカールは病院長の商会で自動車の修理工場で働きはじめます。そんなある日カールは母親と二人暮らしの少年フランクと知り合います。フランクはカールの声と話方を気に入り、二人は打ち解けていきます。フランクは自分の境遇や悩みを、カールも自分の生い立ちを少しづつ打ち明けていきます。

ある日、カールの前にフランクの母親の交際相手が現れます。彼は母親やフランクに平気で暴力を振るうどうしようも無い最低男でした。カールは少年を救う方法を考えます。そして再びカールは、・・・。

あまり予備知識を持たないで見たのですが、感銘を受けました。暗いトーンの映画ですが、ビリー・ボブ・ソーントンの演技が素晴らしく、お勧め出来る一本です。
# by samurai-kyousuke | 2004-10-03 01:36 | 洋画

七人の侍 -その2- 剣の達人 久蔵

七人の侍 -その2- 剣の達人  久蔵_a0037338_2324634.jpg

七人が集まっていく過程での好きな場面をもう一つ。
登場人物の中で三船敏郎の存在感はダントツなのですが、私のお気に入りは宮口精二さん演じる剣の達人、久蔵です。

官兵衛一行と久蔵が出会うシーンです。
真剣を手に向かい合う久蔵と浪人。勘兵衛がつぶやきます。
「無益な、勝負は見えておる」下段に構える久蔵。叫び声を発し斬り掛かる浪人。
勝負は一瞬です。久蔵の剣が弧を描きます。スローモーションで倒れて行く浪人。数々の名場面のあるこの映画の中でも屈指のシーンです。大柄で豪快な三船敏郎さん演じる菊千代に対して、小柄で細身の久蔵は研ぎすまされた剃刀の様な凄みがありました。絶妙なキャスティングですね。

クライマックスの豪雨の中で、久蔵は野武士の銃弾に倒れます。泥水の中に倒れ込む久蔵。のちに宮口さんは「大量に水を飲んで本当に死ぬかと思った」と述懐しております。臨場感抜群です。
# by samurai-kyousuke | 2004-10-02 23:47 | 七人の侍

ゴジラ -その1-

ゴジラ -その1-_a0037338_20523331.jpg

稜線から顔を覗かせるゴジラに向かって、志村喬演じる古生物学者・山根博士が言います。
「まさしくジュラ紀の生物だ! 」日本映画史に残るスーパースター"ゴジラ"がスクリーンに初めて登場した瞬間です。

子供時代の私のスパースターはゴジラでした。友達と怪獣ごっこに興じたものです。ガオー、ガオーと単純に真似をする友達に向かって、違うゴジラの雄叫びは「アアア〜ンアー、アーアン! 」だぞとか、ゴジラが振り返る時は首は動かさないで体全体でとか演技指導しておりました。

ゴジラをTVでなく映画館の大スクリーンで見たのは大きくなってからです。子供時代はゴジラの登場シーンにばかり目がいってましたが、人間ドラマもしっかり描かれていたのに感心しました。登場人物も魅力的です。ラストで「あのゴジラが最期の一匹とは思えない」とつぶやく山根博士を初め、オキシジェン・デストロイヤーの生みの親隻眼の天才科学者・芹沢博士など抜群のキャラが重厚な演技を披露します。

ゴジラ映画は魅力満載なので、また-その2-で語ってみたいと思います。
# by samurai-kyousuke | 2004-09-30 21:23 | 邦画

ジョニーは戦場へ行った

ジョニーは戦場へ行った_a0037338_3561920.jpg

当時、娯楽戦争映画が大好きだった私が出会ったショッキングな作品です。

映画は病院から始まります。彼は戦場で両手、両足、目、鼻、耳、口を失い、身元不明の病人として収容されています。彼の回想シーンはカラーで、現在のシーンはモノクロで描かれます。

周りの人々は彼に感情があるとは思っていません。ある日、一人の看護婦さんが彼の胸に指先で文字を書きます。「メリー・クリスマス」彼は理解します。今日はクリスマスなんだ ! 彼は自分の意志を伝える手段を必死に考えます。そこで頭を動かしてモールス信号を打つ方法を思いつきます。規則的に頭を動かす彼を見て彼女も気付きます。彼には感情があり、意志があるんだ。彼女は上司に報告します。しかし軍上層部は彼の事が世間に知れると反戦ムードが高まると考えます。彼は彼女から引き離され隔離されます。ラストシーンは暗い一室でモールス信号を打ち続けるシーンで終わります。

映画が終わってもしばらくイスから立てませんでした。監督・脚本はドルトン・トランボ。私の好きな「パピヨン」の脚本も手掛けています。赤狩りで投獄された彼は、偽名でも沢山の映画の脚本を書いています。「ローマの休日」も彼が偽名で書いた映画の一本です。
# by samurai-kyousuke | 2004-09-30 04:21 | 洋画

エイリアン2 -今度は戦争だ-

エイリアン2 -今度は戦争だ-_a0037338_21503899.jpg

ジェームズ・キャメロン渾身の一本です。公開当時の「今度は戦争だ」のうたい文句通りのバトルアクション満載の傑作です。前作では自分が生き残るために必死に戦ったリプリーが、2では植民星唯一の生き残りの少女ニュートを守るため獅子奮迅の活躍をします。

登場するメカが良いです。宇宙駆逐艦スラコ号をはじめ、ドロップシップ、装甲兵員輸送車、作業用パワーローダーなどミリタリー好きの私のツボを刺激しまくりでした。キャラではキャメロンの出世作「ターミネーター」にも刑事役で出演していたランス・ヘンリクセン演じるアンドロイドのビショップがいい味だしてましたね。

クライマックス、すべての卵を焼き払われて復讐に燃えるエイリアン・クイーンに向かって、作業用パワーローダーに乗ったリプリーが叫びます。「カモ〜ン!!!」アドレナリン出まくりですね。ラストで上半身だけになってしまったビショップがリプリーに言います。「人間にしてはやるじゃないか」後味の良いラストでした。

余談になりますが、「エイリアン3」の冒頭で、リプリーが懸命に守ったニュートをあっさり殺してしまった展開には唖然としました。したがって「エイリアン3」は嫌いな映画の一本です。
# by samurai-kyousuke | 2004-09-26 22:29 | 洋画




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre's..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧