人気ブログランキング |
フォロー中のブログ
素晴らしき哉映画人生
シネマ親父の“日々是妄言”
映画とドラマと独り言。
REDBOOKの中国株い...
web-tonbori堂ブログ
映画の雑貨店
こちら金町名画座/桑畑五...
 下衆牢愚
映画の心理プロファイル
怪獣ブログ
きょうのわたくし
ルナのシネマ缶
かたすみの映画小屋
艦長日誌
Barber golgo
ゴロゴロしあたー
気分はシネマニア(休止中)
MOVIS
メカpanda乗りのメデ...
放課後暇人倶楽部
La Dolcé vita
ginpeichanの映...
みいと塁のおっさんな毎日
引き出しの中身
ひいろお倶楽部@
しねまだいあり~~ず。
Everything i...
MOVIE SHUFFL...
紅玉の甘い戯言
【徒然なるままに・・・】
フィルム・アカデミア
雑多な豆2
Calling空色Loc...
カテゴリ
全体
洋画
邦画
アニメ
TV映画
七人の侍
その他
アジア映画
samuraiの一言
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月


サイン -低予算SF映画への郷愁-

サイン -低予算SF映画への郷愁-_a0037338_11254490.jpg

ヴィレッジを見たので、サインについてちょびっと。
「シックス・センス」でシャマランにハマッタ人が、「アンブレイカブル」でアレッと思い、「サイン」で三行半というパターンが大半だそうです。

「サイン」のテーマは奥さんの死で信仰を捨てた主人公が再び信仰を取り戻すというものです。手法は1960年代にたくさん作られたアメリカの低予算SF映画のそれです。お金が無いので登場人物は少人数です。宇宙人の地球侵略を描きますが同じ理由で田舎の一軒家が舞台です。大都市への侵攻はラジオ放送やTV画面で表現します。宇宙人は極力見せません。
アウター・リミッツやトワイライト・ゾーンの世界ですね。チープなSF映画が大好きな私はこのへんにはまってしまいました。

予算はあるのにこの手法、反則技といえば反則ですよね。ミステリーサークルの謎を全面に押し出した宣伝を見て劇場に足を運んだUFOファンの逆鱗に触れたのも理解できます。またCGてんこ盛りのハリウッドSF大作ファンの方々の落胆も大いに理解できます。

この映画の予算の大半はメル・ギブソンの出演料とハリウッド史上最高額といわれるシャマラン監督自身の脚本料だそうです。他にはお金かかってないので当然です。
わたしは「サイン」は人に勧めませんが、「気になる映画」の一本であることは確かです。
# by samurai-kyousuke | 2004-09-16 12:13 | 洋画

ヴィレッジ

ヴィレッジ_a0037338_22321064.jpg

迷っていたのですが、見てしまいました。M.ナイト・シャマラン監督作品にはへんな魅力があって、ちょっとはまっています。
最初、期待しないで「シックス・センス」を見て丁寧な作りに感心。「アンブレイカブル」にはアメコミ好きな所をくすぐられ、「サイン」ではチープな米TVSFへの懐かしさが蘇りました。
だんだんテンションが下がって来てはいるのですが、やはり気になって劇場に足を運んでしまいました。
今回は中学生の頃にさんざん読んだ星新一氏、小松左京氏などの短編SF小説に思いをはせました。結末には賛否両論あるんだろうなー。私はもっと奇抜な結末を考えてました。
# by samurai-kyousuke | 2004-09-14 22:47 | 洋画

ヴァン・ヘルシング

ヴァン・ヘルシング_a0037338_11305271.jpg

「ヴァン・ヘルシング」見ました。お気に入りのヒュー・ジャックマンとソマーズ監督ということで何ヶ月も前から楽しみにしていました。感想は面白かったんだけど、期待が大きすぎたという感じです。アクション満載なのですが、ちょっと一本調子でストーリーいまひとつ。
せっかくキャラクターの造形は良いのに、ちょっと残念。ハイド氏は「リーグ・オブ・レジェンド」とかぶってたしなー。ヴァンバイア3人娘はなんか笑っちゃったし。
# by samurai-kyousuke | 2004-09-11 11:40 | 洋画

スカイキャプテン

スカイキャプテン_a0037338_0243350.jpg

予告編見ましたが、「スカイキャプテン」おもしろそうですね。カーチスP-40を操るジュード・ロー演ずるスカイキャプテンにレトロチックな宇宙人の機械化軍団。アンジュリーナ・ジュリーはアイパッチの軍服姿。ツボにハマりまくりで一日も早く見たいです。
# by samurai-kyousuke | 2004-09-11 00:28 | 洋画

トゥーブラザース

トゥーブラザースという虎の映画が来るみたいですね。
幼い虎の兄弟が離ればなれになる。一匹は冒険家にもう一匹は行政官の一人息子の遊び相手に。やがて数奇な運命を経て二匹は闘技場で再会するというストーリー。
監督さんは「小熊物語」「セブンイャーズ・イン・チベット」のジャン=ジャック・アノー、冒険家にはガイ・ピアース。
予告編で結構ウルウル来たので是非見たいです。
トゥーブラザース_a0037338_11484733.jpg

# by samurai-kyousuke | 2004-08-29 11:46 | 洋画

「グリーンマイル」

 トム・ハンクスとバリー・ペッパーの二人は「グリーンマイル」でも共演してましたね。この映画にもお気に入りはたくさんあるのですが、そのひとつは人間顔負けの名演技を披露するネズミのミスター・ジングルス。ハリウッドの動物調教師は優秀ですね。人間の役者さんの方では、ハンクス演じるポールの頼れる相棒ブルータル役のデビィット・モース。この人いままでは悪役のイメージだったのですが、この映画では魅力的な笑顔が印象的でした。
「グリーンマイル」_a0037338_8421369.jpg

# by samurai-kyousuke | 2004-07-29 00:03 | 洋画

「プライベート・ライアン」

 ラストシーンでライアン元二等兵が戦没者墓地で問いかけます。「私は立派にいきましたか?」背後には妻と子供達とその子供達が見守ります。いいラストシーンでした。お気に入りは狙撃兵ジャクソンを演じたバリー・ペッパー。神へ祈りながら引き金を引きます。
 冒頭のノルマンジーへの上陸シーンは、リアルで胸が詰まりました。音響の良い映画館で見たので、四方八方で銃弾が跳ね返る音がして臨場感抜群でした。前半で死んじゃうんですが、「トリプルX」のヴィン・ディーゼルも出演してましたね。
「プライベート・ライアン」_a0037338_22251192.jpg

# by samurai-kyousuke | 2004-07-25 18:42 | 洋画

「ロード・オブ・ザ・リング三部作」

 三部作といえば「ロード・オブ・ザ・リング」ですね。こちらは「マトリックス」と違って最後の「王の帰還」一番良かった。主要なキャラが死なないところが良いですね。献身的なサム君のその後も描かれてて、努力が報われたんだなっとホッとしました。
 どうも少ない人数で強大な敵に挑むという話が大好きなもので、クライマックスには感動しました。アラゴルンが突撃前に味方に檄をとばすシーン好きです。「人間の世の中もいつか終わりの日が来るだろう。だが、今日ではない!」
「ロード・オブ・ザ・リング三部作」_a0037338_8475224.jpg

# by samurai-kyousuke | 2004-07-23 22:33 | 洋画

「ワンピース」

 去年一番泣けた映画・ビデオは何かなっと考えたら、「ワンピース」でした。いい年してアニメとは・・・。お恥ずかしいかぎりです。
 「チョッパー冬島編」でのチョッパーとDr.くれはとの掛け合い「やさしいだけじゃ誰も救えないんだよ!」というDr.くれはに「俺に医者を教えてくれ!」と叫ぶチョッパー。泣けちゃいましたね。
「ワンピース」_a0037338_8503027.jpg

# by samurai-kyousuke | 2004-07-22 20:16 | アニメ

「マトリックス三部作」

 キアヌといえばやはり「マトリックス三部作」でしょうか。たしかにビジュアルは凄いのですが、話をどんどん広げていったわりには、ラストがいまひとつではないかと・・・。もしかしたら一本目で完結しておいた方が、名作になったかも。
 トリニティーちょっと老けちゃったしね。ミフネには笑った。個人的にはナイオビ役のジャダ・ビンケッド・スミスがお気に入りです。
「マトリックス三部作」_a0037338_23191672.jpg

# by samurai-kyousuke | 2004-07-22 01:23 | 洋画




気になる映画をちょびっと語りたい ネタばれ有り、記憶頼りなので勘違いもあるかも
by samurai-kyousuke
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
最新のトラックバック
『宇宙人ポール』(201..
from 映画の心理プロファイル
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
ワイルドで行こう、『宇宙..
from web-tonbori堂ブログ
宇宙人ポール
from ルナのシネマ缶
トランスフォーマー/ダー..
from Subterranean サ..
映画『世界侵略:ロサンゼ..
from kintyre's..
『猿の惑星/創世記(ジェ..
from 【徒然なるままに・・・】
カウボーイ&エイリアン
from ルナのシネマ缶
化け猫パレード
from 映画の心理プロファイル
猿の惑星 ジェネシス
from 雑多な豆2
ライフログ
検索
タグ
(13)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧